ホーム>>寄席坂

寄席坂(よせざか)

現在の六本木三丁目、旧麻布市兵衛町と旧麻布今井町の境界にある坂。六本木通りを六本木から溜池へと下る市三坂をほぼ下り終えた辺りから、飯倉側、市兵衛町の尾根へと上る。

由来は坂の中腹に明治時代から大正三年まであった、福井亭という寄席にちなんだものだが、現在では寄席があった痕跡は何も残っていない。

 

写真で見る寄席坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

寄席坂を下から上へと上って行きましょう。一枚目は坂下の写真です。標識は風俗のチラシをベタベタ貼付けられた跡が残りかわいそうです。右側は再開発工事中です。

2004.7.31撮影

坂下から坂を上に向かって一枚。寄席坂は奥の突き当たりを右に折れてさらに続きます。写真右手が麻布市兵衛町、左手が麻布今井町になります。この辺りは町域が複雑に入り組んでいます。

2004.7.31撮影

坂は真ん中あたりで大きく右に曲がります。かつて福井亭という寄席があったのは突き当たりの建物辺りとのことですが、現在では跡形もなくなっています。

2004.7.31撮影

中腹の曲がり角から坂下に向かう写真です。左側の工事現場は長い間駐車場になっていましたが、最近工事が始まってしまいました。

2004.7.31撮影

90度右折した地点からさらに坂上に向かって一枚。麻布の坂は細くても交通量が多い道が意外と多いのですが、この坂は車も少なくのんびりした感じです。

2004.7.31撮影

中腹のカーブからずっと坂上に向かって上り、中腹の地点を振り返って写しました。写真右手の古い石垣が、かつての景色の名残をわずかにとどめています。

2004.7.31撮影

寄席坂の脇で続く工事現場を写してみました。この工事が終了し、ビルが完成すると、坂の景色はさらに大きく変化することでしょう。

2004.7.31撮影

坂はさらに左に90度折れ曲がります。丁度クランクのような形になります。写真は左に坂が折れる地点から坂下に向かって写したものです。

2004.7.31撮影

左の写真の地点から、左に90度折れて坂上になります。坂の上は市兵衛町の台地になり、飯倉片町方面と永坂方面を結んでいます。

2004.7.31撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2005年1月4日公開  2005年5月8日更新


(c) 2003−2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.