ホーム>>薬園坂

薬園坂(やくえんざか)

 

現在の南麻布三丁目、旧麻布本村町を南北に通る坂で、坂下は明治通り、古川にかかる四の橋になる。西には平行して新坂が、東にも平行して絶江坂が通る。本村の台地の南端を担う坂である。

坂の名の由来は、江戸前期にこの辺りに幕府の御薬園があったためについた。御薬園はその後正徳3(1713)年には廃止され、小石川白山御殿跡に移されたという。

 

写真で見る薬園坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

薬園坂を北の高台から南へと下りましょう。まず一枚目は坂上の写真です。正面右へ下るのが薬園坂、左奥に下っていくのはお隣の絶江坂です。手前に奴坂もあります。

2005.1.30撮影

坂上にある港区が設置した標識です。風雨にさらされて文字がはげてしまい、あまり読めませんが、要は江戸初期にこの一帯に御薬園があったということです。

2005.1.30撮影

坂上から坂下を見通しています。麻布の坂には珍しく、坂上の傾斜がそれほど厳しくありません。坂下に行くにつれ、右にカーブしており、坂上から坂下は見えません。

2005.1.30撮影

もう少し下ってみました。南の斜面ですので陽当たりが良く、高い建物も少ないのでとても気持ちがいいです。正面奥に白金一丁目再開発のビルが見えます。

2005.1.30撮影

左の写真の辺りから、坂上から見て右に入る路地があり、その先に何とも良い坂がありました。名前はないようですが、思わず探検に乗り出します。

2005.1.30撮影

左の写真からもう少し進むと、前方が厳しい谷になり、その向こうが再び高くなっているのがよくわかります。この路地の北にある奴坂と同じように、中心が低くなっています。

2005.1.30撮影

上段一番右の写真の一番奥の、反対側の高台まで来てみました。急勾配で息が切れるほどです。両側の高台の高さはほぼ同じ程度で、中心にはかつて川があったようです。

2005.1.30撮影

さて、探検を終えて薬園坂に戻りましょう。坂の中腹から坂上を見ています。一戸建て住宅がどんどん減っている麻布ですが、この辺りではまだまだ健在です。

2005.1.30撮影

大分下ってきて、坂下の四の橋交差点の信号が見えるようになりました。この日は道路工事を行っていて、いまいち見通しが悪かったのが残念です。

2005.1.30撮影

カーブの手前から振り向いて坂上を写しました。勾配の角度にしてもカーブにしても、どちらかというと控えめで地味な感じがする坂ですね。

2005.1.30撮影

大分下ってきました。正面は道路工事で通行止めになっていますが、その向こうに四の橋交差点が見えます。首都高2号線がなければ、古川がハッキリ見えたのでしょう。

2005.1.30撮影

真冬にもかかわらず、かなり緑が多く日陰を作っています。マンション化がまだまだ進んでいない地区なので、緑が多いですね。真夏の風景も写したくなります。

2005.1.30撮影

坂下に近づくと、右手にはイラン大使館があります。大使館の敷地の中に翻る国旗と、住宅でしょうか、マンションのような建物もありました。

2005.1.30撮影

ほぼ坂下から坂上に向かって写していますが、工事に遮られてイマイチですね。普段もそれほど交通量が多い坂ではありません。

2005.1.30撮影

坂下交差点の手前から坂上に向かって。本村町は台地と川沿いの低地を両方町域に持つため、町内にたくさんの坂があります。

2005.1.30撮影

坂下の四の橋交差点までたどり着きました。正面の高架は首都高2号線で、ずっと古川の上に多いかぶさっています。正面奥は麻布田島町の四の橋商店街です。

2005.1.30撮影

四の橋交差点の角には、モトローラ日本法人の本社ビルがあります。地下鉄南北線が通るまでは、ここに通う人達はずいぶん不便だったのではないでしょうか。

2005.1.30撮影

四の橋交差点の信号と、北に向かっての坂全景です。空が広く真っ青で、都心の真ん中であることを一瞬忘れます。この辺りは寺院も多く、光林寺などは本当に美しいお寺です。

2005.1.30撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2005年2月6日公開  2005年2月13日更新


(c) 2003−2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.