ホーム>>奴坂

奴坂(やっこざか)

 

現在の南麻布三丁目、旧麻布本村町の閑静な一帯にある細い坂。坂の両側が高台になり、中心地付近が谷になっているため、坂のどちら側から歩いても、一旦下ってその後上ることになる珍しい坂。麻布では同じように下って上る坂としては我善坊町行合坂がある。麻布本村町の中でも、最も古い時代から集落ができた一帯にある坂である。

坂の名の由来には3つの説があり、竹ヶ谷にある小さな坂なので谷小坂からなまったというもの、江戸期に付近にあった薬園から薬王坂という名がついたというもの、付近に奴が住んでいた、というもの。

急峻な坂はなだらかにカーブして美しい。麻布の坂の中でも指折りの景観だと思う。

 

写真で見る奴坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

東西に走る奴坂を東から西に通り抜けましょう。東側の坂上は本村公園の脇です。この辺りは麻布の中でも一番古くから集落のできた、麻布の本村です。

2005.1.30撮影

東側に港区が設置した標識です。道幅が狭いので、ギリギリのところに立てられています。由来が3つ書かれていますが、どれが本当なのでしょう。

2005.1.30撮影

西に向かって一気に下りつつ、ゆるやかに右にカーブします。このカーブが実に風情豊かです。舗装が滑り止めになっていて、材木町の玄碩坂を思い出させます。

2005.1.30撮影

カーブの先を見通してみました。写真正面奥で左にカーブしていますが、その手前に一番低い部分があり、その後奴坂は上りに転じています。

2005.1.30撮影

振り向いて今下ってきた東側の坂上を見上げます。急峻な坂なのが実感できますね。歩いて上るだけでも息が切れてしまいます。

2005.1.30撮影

大分下ってきて坂上に向かって写しました。左側のコンクリートの土台は本村公園の土台なのですが、これがなければもっと景色が良いかもしれません。

2005.1.30撮影

両側が高台という珍しい坂の、だいたい一番低い一帯に入りました。東側の勾配はこんな感じです。東側の勾配の方が急で厳しい感じです。

2005.1.30撮影

一番低い一帯に入りました。正面の路地を左に入ると、突き当たりに釣り堀「衆楽園」があります。奥が西側の勾配です。こちらはゆるやかで優しい感じがします。

2005.1.30撮影

ちょっと寄り道をして、左の路地に入ってみましょう。右側が本村小学校の校舎です。突き当たりが釣り堀の「衆楽園」です。

2005.1.30撮影

突き当たりの釣り堀です。周囲に比べれば一番低い場所ですが、それでも麻布の中では本村の高台ですから、窪地みたいになっている一帯です。

2005.1.30撮影

もとの道に戻りましょう。西側の勾配を上って行きます。左側は本村小学校です。高い建物がなく、車も少ないのでしんとしていて、気持ちがいいです。

2005.1.30撮影

西側の勾配を上り始めてから東側の勾配を写してみました。西側はおだやかな表情ですが、東側は非常に険しい感じがしますね。

2005.1.30撮影

西側の標識までたどり着きました。この先でこの道は南北に走る新坂の坂上地点と合流します。右奥はフィンランド大使館になります。

2005.1.30撮影

西側の坂上から写した一枚です。一番低い場所の奥がずっと高くなっており、建物が盛り上がっているように見えます。ちょっと不思議な光景ですね。

2005.1.30撮影

坂の西側に本村小学校があります。創立100年を越える歴史のある小学校です。ひっそりした周囲に溶け込むように、静かに建っています。

2005.1.30撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2005年1月30日公開


(c) 2003−2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.