ホーム>>内田坂

内田坂

麻布宮村町、現在の元麻布三丁目にある坂。麻布十番の一番六本木側の端から上り始め、右に90度曲がり南山小学校と城南高校に挟まれ、六本木ヒルズの一番端に位置するさくら坂公園を過ぎ、テレビ朝日通りに抜ける道。名前の由来はこの一帯が内田出羽守の屋敷で、高台を内田山と呼んだため。この道は明治になり、武家屋敷がなくなってから作られた道である。現在は坂の名を表す標識は立っていない。

写真で見る内田坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

坂下から撮った一枚。左にちらりと見えるのは十番通りで、正面のコンクリートは城南高校の基礎部分です。左に行くと内田坂、右は旧玄碩坂(現在のさくら坂)へと続きます。

2003.10.18撮影

左の写真から90度右に曲って一枚。右側はずっと城南高校の壁で、左側はマンションが続いています。この写真の奥の突き当たりを、坂は右に続いています。

2003.10.18撮影

さらに90度曲った地点です。六本木ヒルズの住宅棟が正面に、左側に南山小学校、右側に城南高校が見えます。けやき坂開通によって、交通量が随分減り、静かになったようです。
2003.10.18撮影

上段一番右の写真と同じ場所から、坂下に向けて撮った写真です。右側のマンション付近のガードレースが何故か二重になっていたりして、暗渠マニアの心をくすぐっています。

2003.10.18撮影

上段一番右の写真の一番奥付近から見た風景。右が南山小、左が城南高です。かつて南山小は写真奥の突き当たり付近にあったそうです

2003.10.18撮影

坂の途中にある祠の跡ような不思議な何か。壁に半分塗り込められています。「トマソン・トーキョー」でも取り上げられています。非常に気になります。

2003.10.18撮影

 

再開発前の麻布保健所の場所が、今の「さくら坂」公園です。たくさんの滑り台があって、実は大人も遊ぶと楽しいです。正面に写っているトーテンポールみたいなものは、夜になると目が光ります。最初見たときはビックリ。

2003.10.18撮影

さくら坂公園の乃木希典将軍生誕の地の碑。もとはテレビ朝日構内の池の畔にあった。もとあった場所は毛利邸で北日ヶ窪町、今の場所は内田邸で宮村町。この強制移動はちょっとひどいような気がする。

2003.10.18撮影

 


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2003年10月18日公開 2004年4月24日更新


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.