ホーム>>丹波谷坂

丹波谷坂(たんばだにざか)

現在の六本木三丁目、旧麻布市兵衛町二丁目にある小さいが急峻な坂。すぐ隣のブロックに同じようなスケールの不動坂が並んでいる。坂下周辺はすり鉢状の窪地となっていて、市三坂側に若干低地はあるが、三方が急激に高く、谷底は圧倒的に低く、歩くとその高低差に驚かされる。市兵衛町はほぼ全域が高台にあるが、この二丁目の西端周辺だけが低くなっている。

坂の由来として、岡部丹波守の屋敷があったためとあるが、幕末文久2(1862)年の古地図には屋敷は載っていない。昭和35(1960)年発行の「港区史」の市兵衛町の項を見ると、岡部丹波守の屋敷があったのは、慶安(1648〜1652)頃とのこと。

 

写真で見る丹波谷坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

丹波谷坂を坂上から坂下へ向かって下りましょう。一枚目は坂上から標識を含めて撮った写真です。坂が急峻なため、坂上から撮ると、坂下は何も見えません。

2004.6.19撮影

坂上の風景です。右奥にはなだれ坂(別名幸国坂)が、写真も右手前には不動坂があります。大きく写っている正面道路が台地のへりで、写真の左も正面奥も低くなります。

2004.6.19撮影

坂を下り始めてすぐのところから坂上を写しました。坂上一帯は区画がゆったりしており、大きなマンションやビルが多いです。以前は屋敷町だったのかもしれません。

2004.6.19撮影

下り始めてすぐのところから、坂下に向けて撮った写真です。正面奥にあるマンションの高さと比べても、この谷が一気に下っていることが分かります。

2004.6.19撮影

下り始めてしばらくしてから坂上を撮りました。雪が降ったら間違いなくスキーができると思います。というよりも、車は間違いなく通行止めですね。

2004.6.19撮影

丁度半分ほど下ったところです。坂上に向かって写真を撮ると、勾配が急なことが良く分かると思います。人通りも少なく、ひっそりしています。

2004.6.19撮影

坂の中腹から坂下に向かって一枚。坂下の谷が近づき、奥のマンションが高く見えるようになってきました。自然の力とはすごいものだと改めて思います。

2004.6.19撮影

坂の中腹にあった蔦のからまる住宅です。静かな坂に良く似合う景色だったので、思わずしばらく見とれてしまいました。

2004.6.19撮影

ほぼ坂下から標識を含めて坂上に向かって一枚。これだけ急激な斜面があれば、どこかに水路があったはずなのですが、痕跡は見つけられませんでした。

2004.6.19撮影

坂下から奥の谷底の街並を写しました。突き当たりの空き地の手前に沿って、六本木通りに抜ける道はさらに低くなりますが、残り三方は全て高く、すり鉢のような感じがします。

2004.6.19撮影

右上の写真からさらに谷底に向かい、ここが本当の坂下です。標識の立っている位置よりさらに低くなっていることが分かると思います。

2004.6.19撮影

坂下から少し行くと、入り組んだ路地と階段が網の目の要に巡らされている場所があります。谷底なので、水の流れもあちこちにあったと思います。いずれきちんと調べなくてはならないでしょう。

2004.1.17撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年10月9日公開  2005年5月8日更新


(c) 2003−2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.