ホーム>>潮見坂

潮見坂(しおみざか)

潮見坂という坂の名は東京に多く、その名のとおり、かつては坂上から海が見えたことに由来する。麻布の潮見坂は現在の六本木五丁目、旧麻布東鳥居坂町にひっそりとあるV字型の坂。メインの街道からはずれ、自動車の通行がない道であるため、港区の標識もなく、静かに時が流れている。今、この坂の上から見えるのは、首都高速一の橋ジャンクションの二重の高架と、その向こうに東京タワー。かつてここから海が見えたことは、想像することもできない。

写真で見る潮見坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

麻布東鳥居坂町の潮見坂を上りましょう。町も坂も地味ですね。まずは坂下から海の方に向かって撮りました。二重の高架と東京タワーしか写りません。

2006.1.4撮影

坂下から、坂の真ん中のV字クランクまでの景色です。坂上に車が入れないようにフェンスを置いているため、左右のマンションに入る以外車の通行はありません。

2006.1.4撮影

坂下から右を向くと、於多福坂の坂下に出ます。於多福坂も地味な坂ですね。こちらも車の通行がほとんどない道です。

2006.1.4撮影

坂の途中で左を見ると、急な斜面に緑が植えられています。古いマンションが多く、比較的早い段階で開発が進んだ一帯であることが分かります。

2006.1.4撮影

マンションとマンションの間から、市兵衛町の泉ガーデンが顔を覗かせています。高層ビルがどんどん増えて、その度に少しずつ空が狭くなります。

2006.1.4撮影

曲がり角の手前まで上ってきました。かなりの急斜面です。ご覧のように車が通れないようにガードレースのフェンスが置かれています。

2006.1.4撮影

曲がり角のところから坂下交差点を見下ろしてみました。木も多く、夏になれば鬱蒼とした感じになるのかもしれません。

2006.1.4撮影

V字の曲がり角です。左が坂下方向、右が坂上方向です。曲がる角度が急なためもあって、坂下からは左に曲がっているのが良く見えません。

2006.1.4撮影

坂上に向かって写しています。車が通らず、大通りからも距離があるので、とても静かです。このような場所に大きなマンションを建てるのは大変そうですね。

2006.1.4撮影

坂上の手前から曲がり角までの風景です。かなり急な傾斜であることが良く分かると思います。確かにこの道幅では、このカーブは曲がれませんね。

2006.1.4撮影

坂上にもガードレールで道が塞がれていて、自動車が通れません。一瞬通行止めなのかと思ってしまいますが、人間は普通に通れます。

2006.1.4撮影

坂上を少し行くと、鳥居坂上への道に出ます。鳥居坂は車もひっきりなしに通り派手ですが、潮見坂は港区の標識もなく、対照的です。奥に六本木ヒルズが見えますね。

2006.1.4撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2006年1月22日公開


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.