ホーム>>仙台坂

仙台坂(せんだいざか)

現在の元麻布一丁目と南麻布一丁目の境界、旧麻布本村町麻布竹谷町麻布山元町麻布東町にかかる坂。戦後の高度成長期に作られた坂を除いては、麻布の中でも最も規模の大きな坂の一つだろう。他の麻布の坂同様、坂下は比較的なだらかで、坂上に近づくほど傾斜が急峻になっていく。坂沿いには韓国大使館があり、警備の警察官が坂下と坂上にも常駐している。

坂の名の由来は、坂の南側(現在の韓国大使館側)に松平陸奥守(仙台藩伊達家)の下屋敷があったためついた名とのこと。明暦の大火の後にこの地に移ってきた。

 

写真で見る仙台坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

仙台坂は大きくて立派な坂です。交通量も多いので、坂上、坂下とも交差点の名前になっています。写真は仙台坂上交差点です。左に行くとすぐに氷川神社があります。

2004.12.19撮影

坂を下り始めてすぐの場所から東京タワーも一緒に一枚。左手にある平野眼科には何度もお世話になったことがあります。

2004.12.19撮影

かなり交通量が多い仙台坂ですが、勇気を出して車道に出て傾斜を表現してみました。坂下からだと長いうえにどんどん傾斜がきつくなるので大変です。

2004.12.19撮影

坂の中腹にある動物病院の古い建物。私が子供の頃には、特に目立って古い建物という気はしなかったのですが、周囲がどんどん新しくなるので、目立つようになりました。この辺りまでは左側は麻布本村町で、坂下は麻布山元町になります。

2004.12.19撮影

坂の中腹から坂上に向かって。傾斜のきつさが良く分かる一枚ではないでしょうか。自転車で上るのはかなりつらいです。

2004.12.19撮影

左の写真から、道路を渡って坂の反対側に移動しました。左奥の銀杏の木には毎年たくさんの銀杏が実りますが、みんな落ちて潰れてしまいます。

2004.12.19撮影

坂上から見て左側には麻布西町に聳える元麻布ヒルズが異形を晒しています。手前に善福寺の墓地が見えるのも何ともアンバランスですよね。

2004.12.19撮影

坂を大分下りました。左が麻布竹谷町、右は麻布山元町です。写真左の塀は韓国大使館です。国旗がはためいているのが見えます。

2004.12.19撮影

傾斜が終わった坂下側にある真新しい標識です。平成16年度の港区の予算に老朽化した標識の取り替えが入っていたらしく、暗闇坂などの標識も新しくなりました。

2004.12.19撮影

仙台坂の坂下側の終わりはどこか、これは難しい判断になります。普通坂上と坂下にある港区の標識は写真右に見えていますが、ご覧のように標識の後も傾斜は続いています。

2004.12.19撮影

写真の一番奥の信号(赤)が二の橋交差点で、手前の信号が「仙台坂下」の信号です。でも坂下信号あたりはもう傾斜はなく、平です。この辺りの写真右側は麻布東町です。

2004.12.19撮影

丁度傾斜が終わったあたりにある交差点は仙台坂下ではなく「麻布山入口」です。善福寺の知名度に負けて仙台坂下の名前が一つ二の橋寄りにずれた感じがします。

2004.12.19撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年12月23日公開


(c) 2003−2004. Kasumi Miyamura. All rights reserved.