ホーム>>三谷坂

三谷坂(さんやざか)

三谷坂は現在の六本木一丁目と赤坂一丁目、旧麻布市兵衛町一丁目と赤坂霊南坂町の境界にある、小さな坂である。坂下で旧麻布谷町とも触れている。坂の一帯は江戸後期には麻布今井三谷町と呼ばれており、坂の名も今井三谷町からついたと思われる。ちなみに「三谷」とは、昔この辺りに南谷、北谷、中谷という三つの谷間があったためとのことだが、どの谷がどの名称だったのかは現在でははっきりしない。

現在の三谷坂周辺は、坂下の麻布谷町のアークヒルズと坂上のホテルオークの別館に挟まれた地域で、ゆったりした区画の低層マンションやホテルが多く、落ち着いた町並みとなっている。坂上の通りにはスウェーデン大使館、スペイン大使館などが並び、坂下の通りは桜並木が見事である。ちなみにこの坂には港区設置の標識もなく、坂の規模もきわめて小さいため、名もない小さな傾斜という感じである。

写真で見る三谷坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

小さくて短い三谷坂を紹介します。まずは坂下の眺めから。この写真より奥が赤坂で、手前が麻布になります。港区になる以前は赤坂区と麻布区の境界でした。

2005.4.17撮影

左の写真と同じ場所から麻布側を写しました。スペイン坂と桜坂という坂が両側にある道で、桜並木が見事です。オープンカフェもあり、良い雰囲気です。

2005.4.17撮影

坂下から坂上に向かって写しました。これが坂の全景です。奥の建物はホテルオークラ別館です。ホテルオークラは、本館が赤坂に、別館が麻布に別れているんですね。

2005.4.17撮影

ちょっと角度を変えると、六本木ファーストビルが右奥に見えます。城山ヒルズもあり、この辺りは麻布、赤坂、芝が入り組んでおり、ビル名などの混乱も多く見られます。

2005.4.17撮影

坂を上り始めてすぐに振り向いて坂下を写した写真です。正面奥の白い建物がアークヒルズのアーク森ビルです。このビルの真ん中から右が赤坂、左が麻布です。

2005.4.17撮影

この日はあいにく道路工事をしていて、景色がいまいちでした。坂の両側はゆったりした区画の低層マンションです。外資系企業も多く入っているようです。

2005.4.17撮影

あっという間に坂上です。左奥のレンガ色の建物はアークヒルズの住宅棟です。この辺りはスーパーやコンビニが少なくて、住んでいる方は不便ではないかと想像してしまいます。

2005.4.17撮影

坂上の道路を赤坂方面に向かって写しました。オークラ別館が大きく見えます。この先まっすぐ行くと、霊南坂があり、アメリカ大使館があります。

2005.4.17撮影

左と同じ位置から麻布側を写しました。右奥にはスペイン大使館が、左奥にはスウェーデン大使館があります。ちょっと左に入ると、もう旧芝区になります。

2005.4.17撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年6月12日公開


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.