ホーム>>大横町坂

大横町坂

現在の西麻布三丁目、旧麻布霞町麻布笄町の境界の坂だが、坂上周辺は両側とも麻布桜田町になる。テレビ朝日通りから西に向かって下り、外苑西通りの笄川の谷に至る。坂は別名富士見坂とも言われた。坂の名の由来は、麻布桜田町から麻布霞町にかけて、大横町という里俗があったためついたのだが、大横町がどのあたりを指す里俗なのかは今でははっきりしない。富士見坂の別名は、西に下る坂なので富士山が見えたためと思われる。

写真で見る大横町坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

大横町坂をテレビ朝日通りから外苑西通りに向かって下ります。スタートのテレビ朝日通りの交差点で一枚。この交差点は大横町坂のT字路と内田坂のT字路が組み合わさり、食い違い交差点になっています。

2004.5.23撮影

坂上の交差点を左に向けば、六本木ヒルズが目の前です。銀の塔の手前に見えるのは、グランドハイアットホテルです。圧迫感がすごいですよね。

2003.5.23撮影

坂上交差点のT字路です。左が六本木ヒルズ、右が有栖川公園方面です。大横町坂を上って来た車が左折すると、内田坂側の信号があり、行っていいのか止まるべきなのか、慣れないドライバーは迷うようです。

2004.5.23撮影

下り始めて間もなく左側にラオス大使館があります。もう少し下ると、今度はギリシャ大使館があります。ギリシャ大使館の向かいにはイタリア国旗が出ていますが、これは大使館ではなくレストランでした。

2004.5.23撮影

正面のT字路あたりから手前両側は麻布桜田町ですが、その先は左が麻布笄町、右側が麻布霞町になります。麻布笄町は麻布區で一番大きな町でした。

2004.5.23撮影

坂は中腹で左にカーブします。カーブの手前から坂上を向いて一枚。右手に路地があり、その路地を上ると麻布税務署の裏手に出ます。静かな住宅地が続いています。奥に見える高層ビルは、六本木ヒルズの住宅棟です。

2004.5.23撮影

左カーブを坂上から坂下に向かって撮った一枚。外苑西通りからテレビ朝日通りへの抜け道になっており、狭い道なのに交通量が多いです。けやき坂が出来てから、十番方面に抜ける車が増えてしまいました。

2004.5.23撮影

カーブを坂下から坂上に向かって。この坂の近辺は、昔大横町と呼ばれた一帯があったそうですが、どの辺りなのでしょうか。

2004.5.23撮影

カーブを曲がり終えるとゴール間近です。左の建物はルーマニア大使館です。左手奥には笄小学校方面に抜ける裏道があります。両側に木が生い茂った良い道だったのですが、マンション建設があちこちで進んでいます。

2004.5.23撮影

外苑西通りの交差点です。奥に見える坂は牛坂で、その手前の十字路が笄橋の跡です。外苑西通りの一本奥を、笄川が左右に流れていました。現在は暗渠になっています。

2004.5.23撮影

左の写真と同じ場所から、下って来た大横町坂を振り向いて撮った一枚。カーブが多くてなかなか風情のいある、いい坂だと思います。

2004.5.23撮影

交差点を渡り、外苑西通りの反対側から大横町坂の上り口を撮った一枚。左が西麻布の交差点、右が広尾橋の交差点です。この一帯も、いつの間にかビルばかりになってしまいました。

2004.5.23撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年5月23日公開 2006年4月9日更新


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.