ホーム>>御組坂

御組坂(おぐみざか)

御組坂は現在の六本木一丁目、旧麻布市兵衛町一丁目から旧麻布箪笥町に向かって下る坂であった。「であった」と書いたのは、坂の中盤より下は、住友不動産による再開発、「泉ガーデン」によって道が消滅してしまったためである。現在残っている御組坂は旧麻布市兵衛町の部分だけである。

坂名の由来は江戸時代に幕府の御先手組という、戦時の先頭部隊で、常時は放火・盗賊を取り締まる人々の屋敷が南側にあったためという。

現存する坂は小さなもので、正面が泉ガーデンの巨大なグリーンのビルに飲み込まれている様子が良く分かる。少し痛々しい光景だ。

写真で見る狸穴坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

短くなってしまっ御組坂を下りましょう。まず一枚目は坂上からの全景です。正面のビルが泉ガーデンで、坂下が泉ガーデンに突き当たっている様子が良く分かります。

2006.1.4撮影

坂上の通りを南に向いて写したものです。突き当たりを右に行くとサウジアラビア大使館があります。左に行くと、我善坊町へ下る道と、虎ノ門へ抜ける道があります。

2006.1.4撮影

同じく坂上から、今度は北を向いています。正目左手にはスペイン大使館があります。右手奥にはホテル・オークラがあり、その向こうが赤坂霊南坂町になります。

2006.1.4撮影

坂上に設置されている港区の標識です。坂の由来について書かれていますが、坂が再開発に飲み込まれて下半分ちぎれてしまったことは書かれていません。

2006.1.4撮影

坂上の東側に聳える六本木ファースとビルです。城山ヒルズの一部という扱いのようです。六本木の北側は、本当に開発され尽くしたという感じがします。

2006.1.4撮影

坂を下り始めると、左手に柿の木がありました。周囲はビルばかりですが、少しだけホッとする空間が残っていて嬉しくなりますね。

2006.1.4撮影

短い坂はあっという間に終わってしまいます。この規模の坂に、何故わざわざ名前がついているのか、今の景色を見ても想像できないですね。

2006.1.4撮影

坂下の泉ガーデンビルです。再開発以前は御組坂はこのビルの左手に続いていて、箪笥町で桜田通りと合流していました。

2006.1.4撮影

泉ガーデンの外周道路を北向きに写しています。再開発はどこもそうですが、アークヒルズの外周道路と景色が似てしまいましたね。

2006.1.4撮影

同じく泉ガーデンの外周道路を南に向かって写しています。再開発前はこの道路はありませんでした。道路が変わってしまうと、往時の景色は想像しにくくなります。

2006.1.4撮影

現在の坂下から見た御組坂全景です。心なしか寂しそうに見えるのは、もちろん気のせいなのですが、以前の情景が写真に残っていないのが残念です。

2006.1.4撮影

おまけ。泉ガーデン外周道路に設置されている「偏奇館」跡のプレート。永井荷風の住居跡ですが、本当にここに住居があったのでしょうか。想像できません。

2006.1.4撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2006年3月26日公開


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.