ホーム>>永坂

永坂

坂下から坂上に向かって、旧麻布新網町麻布永坂町麻布飯倉片町の三丁の、それぞれほぼ中央を貫いていた坂。現在は坂下から見て左手が麻布十番一丁目、六本木五丁目に、右側が東麻布三丁目、麻布永坂町、麻布台三丁目になる。だらだらと長い坂だから永坂という名がついた訳だが、江戸期からの永坂は都道415線(放射1号)の拡張と首都高環状線の高架の建設の際に完全に消滅した。

現代の永坂は昭和30年代に新しく作られた道路である。古地図で見る永坂は細くまっすぐな坂であったが、現代の永坂は大きくカーブする、とても幅の広い坂で、往事の様子など、到底偲ぶことは不可能である。旧町名では坂の左側と右側は同じ町であったが、これだけ幅が広く、二重の高架で遮られてしまえば、同じ町とは感じられない。現代の光景には、坂の左右で別々の町となった今の姿が合っている。

 

写真で見る永坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

永坂を坂下左側から上ります。正面は新一の橋交差点。左右を通る道は環状3号線で、前後に交わっているのが都道415線(放射1号)です。戦前はこの交差点付近は港区でも一番の繁華街だったそうですが、面影はまったく見られません。

2004.6.19撮影

坂下から坂上に向かって。良いお天気の初夏の昼なのですが、首都高高架のせいで薄暗いです。2号線と環状線が合流する「一の橋ジャンクション」があるために、高架が複雑に交差していて圧迫感がひどいです。

2004.6.19撮影

坂を上り始めてすぐ左側には「警視庁鳥居坂保護所」があります。ここは泥酔者の一時収容所、いわゆる「トラ箱」です。この場所にトラ箱があるのは、かつて古川流域が労働者の町であったという歴史を静かに語っています。でも鳥居坂というネーミングはどうでしょう。ここは永坂なのに。

2004.6.19撮影

都道と首都高の高架を挟んだ反対側には、参議院副議長の公邸があります。正面の道をまっすぐ行くと、狸穴公園のある一帯に出ます。昔は手前も奥も永坂町でしたが、今は手前は六本木、奥だけが永坂町になっています。

2004.6.19撮影

港区が設置している永坂の標識です。排気ガスで汚れて、さらにシールをべたべた貼られて寂しそうです。歩いている人は少なく、車の音ばかりが目立つ通りになってしまいました。

2004.6.19撮影

現代の永坂は何度か大きくカーブしていて、カーブを曲がると表情が微妙に変わります。このカーブを曲がると、町は麻布十番から六本木へと表情を変えます。私の思い込みかも知れませんが。

2004.6.19撮影

カーブを曲がってから、坂下を振り向いて撮った写真です。比較的古いマンションが多いのは、道路拡張の前後に住宅が一斉に移動し、マンション化されたためなのかもしれません。

2004.6.19撮影

二つ目のカーブです。正面奥の緑色のビルは、市兵衛町に聳える泉ガーデンタワーです。正面は首都高環状線の飯倉出口です。

2004.6.19撮影

永坂を歩くと、あちこちで上の写真のように、道と住宅の間に大きな段差がある場所があります。元来の坂の傾斜を無視して、後から坂を強引に作ったために、住宅や他の道路との間に大きな段差が出来てしまっているのですね。

2004.6.19撮影

二つ目のカーブの地点から坂下に向かって。ビルと高速道路しかない景色ですが、これでも高速道路の高架に色を塗ったり、フェンスに色をつけるようになったおかげで、少し見栄えが良くなったように思います。

2004.6.19撮影

坂上の飯倉片町交差点です。飯倉片町という町名は消えて40年経つのに、交差点名だけは残っています。でも、ほとんどの人が、どこが飯倉片町なのか、知らないのが実情です。

2004.6.19撮影

飯倉片町から東京タワーを臨みます。外苑東通りの左側は飯倉町六丁目、右側は飯倉片町です。東京タワーが立っているところはぎりぎりで麻布ではなく、芝になってしまいます。

2004.6.19撮影

都道を坂下から見て右側に渡り、今度は坂下に向かって下ります。すぐに歩道と車道にこんな大きな段差ができています。歩道を上って行くと、左に折れる路地があり、本来の土地の高さは歩道側の高さであることが分かります。

2004.6.19撮影

歩道と車道の段差が一番激しい位置です。左に入ると永坂町の静かな町並みがあり、ブリジストン美術館の永坂分館などの施設の他、植木坂鼠坂鼬坂などの風情のある坂も奥に控えています。

2004.6.19撮影

坂の中腹には永坂更級の本社があり、その脇にこの記念碑があります。今は永坂更級の店舗は新網町二丁目にありますが、江戸期にはこの永坂町にあったようです。歩いている人がほとんどいない場所なので、少し寂しそうです。

2004.6.19撮影

更に坂を下ると左側に広大な敷地を持つ、参議院副議長公邸があります。ところで参議院の副議長ってのは、普段どんなお仕事をしている方なんでしょうかね。これだけの公邸を使えるだけの仕事なんでしょうね。

2004.6.19撮影

坂下の新一の橋交差点が見えてきました。左手の青いホロのある建物は、洋食屋さんの「大越」です。庶民的な洋食で、ケチャップ味のスパゲッティも美味しいですよ。常連は「赤」と呼んでます。塩味のスパゲッティは「白」です。

2004.6.19撮影

新一の橋交差点から坂上に向かって。新一の橋交差点はおかしな交差点で、「新一の橋」という橋がある訳ではなく、「一の橋」がかかっている一の橋交差点の隣だからという理由でついているようで、「新」なのは橋ではなく、「交差点」なのです。なんだかややこしい。

2004.6.19撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年7月3日公開 2004年7月31日更新


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.