ホーム>>宮村坂

宮村坂(みやむらざか)

宮村坂は現在の元麻布三丁目、旧麻布宮村町を南北に走る小さな坂。北が高く南が低い。北端は旧麻布桜田町と接し、南端は同じく宮村町の大隅坂と接する。この一帯はどの道も傾斜がついているため、どこからどこまでが坂なのかを判別することが難しい。同じ宮村町にある暗闇坂を別名宮村坂と呼ぶとの説があるが、こちらの宮村坂は暗闇坂とは別のもの。

現在坂の両側は「元麻布パレス」という低層マンション群が並んでおり、坂の標識もなく、公道なのか私道なのか判別しにくい状態になっているが、一般の地図にも掲載されており、立ち入り禁止の標識などもないので、一応は公道なのであろうか。

坂の名の由来は、宮村町に下る坂だから宮村坂と「江戸の坂東京の坂」にも記載されているのだが、宮村坂という呼び名が本当に通用していたのかは不明。

坂の西隣は長玄寺、そのさらに向こうはイスラムセンターや中国大使館公邸などが続き、警備の警察官の姿が絶えない。

写真で見る宮村坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

宮村坂を坂下から坂上に向かって上っていきましょう。と言ったものの、ここが本当に坂下なのかどうか分かりません。ゆるやかな傾斜があるので、ここを坂下と仮定しましょう。

2006.1.4撮影

宮村坂の坂下は、大隅坂に突き当たっています。宮村坂も大隅坂も港区の標識がなく、歴史の中に埋もれつつあります。何故標識がないのでしょうね。

2006.1.4撮影

坂下からしばらく行って左手を見ると、マンションの向こうに長玄寺の墓地があり、さらにその向こうにはイスラムセンターの建物が見えます。

2006.1.4撮影

マンションの敷地の中のような敷石の坂を進むと、奥に普通のアスファルトの道路が見えてきます。ここから先が宮村坂なのでしょうか?それとも?

2006.1.4撮影

左の写真の地点から坂下方面を写しました。整然と並ぶ建物が美しいですね。日本ではないみたいです。金髪の子供達が自転車で駆け抜けていきました。

2006.1.4撮影

舗装の変わり目までやってきました。左右に橋の欄干のようなものがあります。ひょっとしてここにも昔は清流の流れがあったのでしょうか。

2006.1.4撮影

橋の欄干です。現在では石垣と建物の壁にはりついており、この状態だとまったくこの欄干には必然性が感じられません。かつての景色を見てみたいものです。

2006.1.4撮影

舗装の変わり目から上は景色が一転します。生け垣や古い建物など、ごく日常的な景色が飛び込んできて、何となく安心してしまいます。

2006.1.4撮影

坂上から坂下を一望しています。左奥に元麻布ヒルズがにょきっと見えています。手前と奥で全く別空間のようですね。

2006.1.4撮影

宮村坂の坂上を、さらにテレビ朝日通りに向かって別の坂が続いていきます。この坂には名前がありません。この辺りは道路が迷路のように入り組んでいます。

2006.1.4撮影

同じく宮村坂の坂上から、狸坂と大隅坂の坂下方面へと向かう道です。突き当たりを右折してずっと進むと合流点になります。この一帯は本当に坂だらけです。

2006.1.4撮影

坂上のもう一方は、ほとんどたいらな路地になっています。宮村町と桜田町の境界です。右が桜田町、左が宮村町になります。

2006.1.4撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2006年1月4日公開


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.