ホーム>>御太刀坂

御太刀坂(みたちざか)

 

現在の西麻布四丁目、旧麻布笄町にある、東西に走る坂。坂下は東側の笄川の暗渠道路で西が日赤通りの高台になる。北に牛坂が、南に堀田坂が平行して走るが、何故かこの御太刀坂だけは港区が設置する坂の標識もなく、名前もあまり知られていない印象がある。江戸時代は堀田家と山口家の屋敷の間に挟まれる坂であった。

坂の由来は、この辺りの旗本の家に名誉の太刀があり、常に唐櫃に納めて玄関に置き、火災などの急変の際に持ち出せるよう備えていたことから、御太刀坂と呼ばれるようになったという。

写真で見る御太刀坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

御太刀坂を上ってみましょう。一枚目は坂下からの景色です。上っている時はまっすぐに感じますが、こうして写真で視ると、ゆるやかに左カーブしていますね。

2005.3.12撮影

坂下の道路を写しました。坂下は笄川暗渠の道路ですが、狭いのに両側通行で、しかも抜け道になって交通量が多く、撮影が大変です。

2005.3.12撮影

坂はそれほど傾斜は厳しくなく、ゆったりした感じです。交通量が少ないのは、坂上奥で道路が突き当たり、結局牛坂に出ざるを得ないためでしょう。

2005.3.12撮影

しばらく上ってから坂下に向かって一枚。正面奥、笄川の向こう側は昔は住宅密集地でしたが、いつの間にかホテルや香港ガーデンができたりと、すっかり様子が変わりました。

2005.3.12撮影

坂下から見て右側中腹のお宅が丁度梅の盛りだったので一枚。じわじわとマンション化が進み、昔は木に覆われていた坂が丸裸になって行くのは寂しいものです。

2005.3.12撮影

坂下から見て左側は神道大教院の敷地です。鳥居がありますし、「神道」と書いているので神社かと思うのですが、ちょっと違うみたいです。立派な建物です。

2005.3.12撮影

坂の中腹から坂上に向かって写しました。正面のT字路を右に行くと、北に平行して通っている牛坂に出ます。写真右奥のマンションが出来て、様子が変わりました。

2005.3.12撮影

ほぼ坂上まで上って来て、坂下方面に向き直って写しました。ビルやマンションがない時代には、谷の向こう側の尾根が良く見えたことでしょう。見てみたいですね。

2005.3.12撮影

間もなく坂上です。この先道路は突き当たり、右に行くと牛坂に、左に行くと堀田坂の裏の路地に出ます。崖のような複雑な地形があり、昔は水の流れがあったのではと思います。

2005.3.12撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2005年4月16日公開


(c) 2003−2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.