ホーム>>狸穴坂

狸穴坂(まみあなざか)

狸穴坂は、現在の麻布狸穴町と麻布台二丁目の境界を北から南に下る坂である。良く、「麻布狸穴町のロシア大使館」などという言い方をすることがあるが、ロシア大使館は現在の麻布台二丁目に含まれ、麻布狸穴町ではなくなってしまった。上の地図の、赤く記されている狸穴坂よりも右側が、住居表示前は旧麻布狸穴町で、住居表示で麻布台二丁目となった地区で、見て分かる通り、麻布狸穴町はもともとの半分以下の大きさになってしまった。東に土器坂が、西に鼬坂鼠坂が並行して走っている。

狸穴坂の由来は、たぬきの住む穴が坂沿いにあったという説が有力で、金が掘り出されたため「まぶあな」と呼んだという説もあるが、余り信憑性はない。古い住宅地とロシア大使館の高い塀の間の静かな坂で、六本木の喧噪を忘れる名坂である。

写真で見る狸穴坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

南北に長い狸穴坂を上りましょう。まずは坂下の交差点の写真から。静かな佇まいの四つ辻です。後ろには東京タワーとアルファ・インの看板が見えます。

2006.1.4撮影

坂下から坂上に向かっての一枚です。坂はカーブが幾つかあり、この位置から坂上を見渡すことはできません。人も車もあまり通りません。

2006.1.4撮影

港区が設置している坂の標識です。坂下の標識は、交差点に貼り付くように設置されています。自動車が曲がる時のためなのでしょうが、少し気の毒ですね。

2006.1.4撮影

坂上に向かって歩き始めてすぐに振り向いて坂下交差点を写しました。四つ辻を右に行くと狸穴公園があり、公園の中には小さな祠がまつられています。

2006.1.4撮影

この辺りから傾斜が始まります。右の石垣は、マンションの基礎部分となっています。左側は古い住宅地で、木造建築が並ぶ一角です。

2006.1.4撮影

傾斜が本格的になる辺りから、坂下に振り向いて写しました。変化の激しい麻布においては、比較的落ち着いた雰囲気を残していますが、それでもマンション化が進んでいます。

2006.1.4撮影

坂下からみて左側の木造の住宅です。立派な玄関に、大きなお正月飾りがつけられて、華々しい雰囲気です。30年前には、この一帯がみなこのような風情だったのでしょう。

2006.1.4撮影

住宅地の向こうの西側には六本木ヒルズの銀色の塔が見えています。六本木ヒルズはもともと建っている場所が高台なので、本当にどこからでも良く見えます。

2006.1.4撮影

狸穴坂は右にカーブしつつ、坂上を目指します。このカーブの具合がなかなか良い感じですね。人も車も多くないので、狸の穴があっても不思議ではない感じです。

2006.1.4撮影

大分上ってきました。写真の奥の方に坂下一帯のビルが見えています。ビル化が進む前はどの建物もみな二階建て程度で、さぞ見晴らしが良かったでしょう。

2006.1.4撮影

坂を上りつつ西を向いています。手前一帯は深い窪地になっており、その奥が盛り上がっています。右奥のクレーンの乗っているビルは、防衛庁跡の再開発です。

2006.1.4撮影

坂が急なので、左のマンションの作りも不思議な感じになっています。駐車場の入り口は一階でしょうか?それとも2階?入り口の下にもスペースがありますね。

2006.1.4撮影

このマンションがどうも気になりもう一枚写してみました。右手の建物と比べると、基礎部分から高台に合わせて盛り上げて作ってある感じがします。

2006.1.4撮影

坂上が近づいてきました。突き当たりの旧郵政省の建物が坂の出口を塞いでいるように見えます。手前が旧麻布狸穴町、道路の向こうは旧麻布飯倉町六丁目です。

2006.1.4撮影

坂上には、港区が設置している木の標識と並んで、このような石の標識が置かれています。誰がいつ置いたものなのでしょう。小さなものですが、風情があります。

2006.1.4撮影

坂上から坂下方面を写しています。左の高い塀はロシア大使館のものです。大使館の写真を撮ろうとすると、警備の警察官に止められました。

2006.1.4撮影

坂上の外苑東通りの景色です。東京タワーに至る坂は榎坂です。飯倉交差点は、南北の坂の坂上であると同時に、東西の坂の坂下でもあります。

2006.1.4撮影

同じく坂上を西に向かって移しました。右側の建物は旧郵政省の建物です。奥中央は先ほども出てきた、旧防衛庁跡地の東京ミッドタウンの建築中のビルです。

2006.1.4撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2006年2月20日公開


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.