ホーム>>紺屋坂

紺屋坂(こんやざか)

紺屋坂は別名ごみ坂(芥坂)とも呼ばれ、現在の西麻布三丁目、旧麻布桜田町から麻布笄町へと西に向かって下る坂。坂上がテレビ朝日通り、坂下は外苑西通りへと通じる。この一帯の坂は何故か港区の標識がないものが多い。大横町坂中坂など、西麻布三丁目の坂には標識がないものが多い。

坂名の由来は、紺屋坂としての由来は、昔この辺りに染物屋があったためとされ、ごみ坂の方は、坂の崖下が以前ごみ捨て場だったためついた名とのこと。

なお、紺屋坂をどこからどこまでと定義するかについては、テレビ朝日通りから最初の突き当たり(下の3枚目の写真)までとするか、それともクランクの先、笄小学校の門までとするかが定かではない。このサイトでは、クランクよりも下、笄小学校の門までを紺屋坂として扱うが、そうすると、笄小学校から外苑西通りまでも傾斜は続いており、これを含めるのかという問題も出てくる。今のところ、小学校までを紺屋坂としておくが、今後さらに調べていきたい。

中国大使館が近いため、警察官の姿が多い。

写真で見る紺屋坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

紺屋坂を下っていきましょう。一枚目は坂上の景色です。右の広い道がテレビ朝日通りですが、昔は左の細い道しかなく、後からショートカットが出来たようです。

2006.1.4撮影

同じく坂上の景色です。写真では切れていますが、左手に中国大使館の正門があり、警察官だらけです。この辺りもずいぶんマンションが増え、一軒家は減りました。

2006.1.4撮影

さて、ようやく坂本体の写真です。正面奥の突き当たりまでを坂とするか、その先右に折れ、さらに左に折れて下る先までを坂とするか、微妙な感じです。

2006.1.4撮影

クランクの手前から坂上に向かって写しました。写真奥の建物も中国大使館の敷地内です。道幅が狭いせいもあって、車は滅多に通りません。

2006.1.4撮影

クランクの地点から広尾方面に向かって路地が延びています。いまこれを書いていて思ったのですが、私はこの路地の先がどうなっているか、知りません。

2006.1.4撮影

左の写真と同じ場所から、今度は右に向かっています。坂は突き当たりから左に折れて続きます。中国大使館を警護する警察官がたくさんいます。

2006.1.4撮影

クランクの先から坂下方面です。この坂沿いにどうもかつては水の流れ(小川や清流)があったのではないかという気がしています。

2006.1.4撮影

下り始めて少し行ってからクランクの部分に向かって一枚。この一帯は細い路地や石段が入り組んでいて、ちょっと迷いそうな感じになっています。

2006.1.4撮影

町会の貼り出した掲示ですが、日本語と英語が対になっています。外国人が多い地区ならではの光景ですね。町会も国際化の時代ですね。

2006.1.4撮影

坂を下ってきました。左手が笄小学校の校舎と裏庭一帯です。笄小学校は2006年で開校100周年だそうです。少子化の影響はどうなのでしょうか。

2006.1.4撮影

坂下に近づき、クランク方向に向かって写しました。右側が笄小学校の校舎になります。校舎の手前の並木は桜で、季節になると見事な花をつけます。

2006.1.4撮影

坂下の笄小学校の正門です。最近物騒な事件が多いせいで、正門の右奥に警備員の詰め所が作られていました。学校が物々しいというのも悲しいことです。

2006.1.4撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2006年1月14日公開


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.