ホーム>>木下坂

木下坂

麻布盛岡町広尾町の境界、現在の南麻布五丁目に位置する坂。坂の片側はずっと有栖川宮記念公園に面している。麻布の坂にしては、勾配はそれほど厳しくはなく、ゆるやかなカーブとなだらかな勾配が優しい印象を与えている。木下坂という名前は、昔岡部播磨守下屋敷つづきに、木下宮内少輔の屋敷があったため名付けられたそうだ。有栖川公園の緑が深く、落ち着いた町並みが美しい坂である。

写真で見る木下坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

木下坂の坂下交差点には、麻布ナショナルスーパーがあります。外国人の家族連れも多く、金髪の子供達もたくさん遊んでいます。交差点は木下坂と南部坂が交差しています。

2004.4.17撮影

坂下にある有栖川公園の入り口です。都会のオアシスとして、多くの人々が訪れます。公園の中の池では釣りを楽しむ人々もたくさんいます。

2004.4.17撮影

木下坂下から広尾橋交差点方面に抜ける道です。今は暗渠となった笄川にかかっていた橋の名前が、まだ交差点の名前として生き残っています。

2004.4.17撮影

坂下から坂上に向かって上り始めると、左側に小さな児童公園があります。有栖川公園の真向かいになぜ小さな公園を作るのか?謎は深まるばかりです。写真右側の緑が有栖川公園です。

2004.4.17撮影

港区が設置した坂の標識が正面にあります。坂の名前にもなった木下備中守の屋敷は、文久期の古地図を見ると坂の左手中腹にあったようです。

2004.4.17撮影

坂の中腹から坂下に向かって。ゆるやかな勾配とカーブが美しいですね。昔は高い塀で公園の中が見えませんでしたが、塀が低いものになり、ぐっと公園との距離が縮まりました。

2004.4.17撮影

坂上の盛岡町側には、産院「愛育病院」があります。私の母もここで生まれました。桜の並木があって、桜の時期に散歩するととても気持ちがいいですね。

2004.4.17撮影

坂上から坂の中腹に向かって。左手は有栖川公園の入り口です。一時期公園内で蛍を飼育していたことがありました。また再開してもらいたいものです。

2004.4.17撮影

坂上交差点から写した一枚。坂上の交差点は、木下坂と、笄町へと下っていく北条坂(鉄砲坂)と交差しています。左手が愛育病院入り口です。

2004.4.17撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年4月24日公開 2004年4月25日更新


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.