ホーム>>霞坂

霞坂

麻布霞町、現在の西麻布一丁目、西麻布三丁目に位置する。現在の六本木通りの西麻布から六本木六丁目の交差点に向かう坂道。麻布霞町という町が出来たのは明治5年、現在の六本木通りが開通したのが明治20年と、いずれも新しい町と坂の名である。霞坂の名は、霞町からついたものだが、霞町の「霞」は、隣の麻布桜田町にある桜田神社の別称、霞山稲荷からつけられたもので、霞山稲荷の歴史を遡れば、桜田神社がかつては千代田区霞ヶ関周辺から移転してきたことが分かる。「霞ヶ関」と「霞町」、「桜田門」と「桜田町」には深い関係があることが分かる。

現在の霞坂は首都高速3号線の高架が覆いかぶさっており、古い時代の様子を偲ぶことはほとんどできない。飲食店や新築マンションなども多く、日々姿が激変している。

写真で見る霞坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

霞坂上、西麻布三丁目側からスタートです。右手の高架は首都高速3号線です。私が子供の頃は一軒家の商店街だったのですが、すっかりビルばかりになってしまいました。

2004.3.20撮影

坂上の信号から、六本木通りの反対側を写しました。正面の水色の部分はクラブになっているようですが、かつては老舗和菓子屋「和泉屋」でした。

2004.3.20撮影

坂上に立っている坂の標識です。路上駐車された自動車と放置自転車の間で窮屈そうです。現在の六本木通りには、首都高速が通るまで都電が走っていました。

2004.3.20撮影

西麻布三丁目側を下りつつ、一丁目側を写しています。昔は商店が並び人も多く賑やかでしたが、今ではこの辺りで買い物をする人も少なくなりました。

2004.3.20撮影

左の写真を撮ったのと同じ場所から、今度は三丁目側の坂下に向かって撮りました。薬局、ブティック、バー、ラーメン店などが並んでいます。

2004.3.20撮影

高速の高架の下に、西麻布交差点をまたぐ、一般道の高架がかかっています。坂は下っているのに、高架が上っているせいで、下り坂という感じがしません。

2004.3.20撮影

三丁目側中腹の細い道。この道の奥右手には、麻布カトリック教会と麻布みこころ幼稚園があります。奥を右に行くと、フランス料理店「クイーン・アリス」もあります。

2004.3.20撮影

一丁目側にある「ホテル・メンテルス」の写真。長期滞在の方が多いそうです。私が子供の頃はこの場所は空き地で、「ドラえもん」に出てくる空き地みたいに、ドラム管が積まれていました。

2004.3.20撮影

「西麻布」バス停です。以前は等々力行き、幡ヶ谷行きなど多数の路線が走っていましたが、今は都01系統と渋88系統の二路線のみです。

2004.3.20撮影

三丁目側から見た「西麻布」交差点です。二重の高架が重苦しく、景観を楽しむという気分にはなかなかなれません。かつては右から左に向かって「笄川」が流れていました。

2004.3.20撮影

三丁目側交差点脇のビル地下にある、老舗クラブ「328」です。週末になると明け方まで若者や外国人で賑わいます。私もたまーに遊びに行きます。

2004.3.20撮影

三丁目側交差点角です。この角にオリンピック前には変電所があったそうです。今は花屋さんや焼き肉「十々」などがあります。

2004.3.20撮影

西麻布交差点を三丁目側から一丁目側に渡ります。重苦しい高架を下から写してみました。昔に比べると、明るい塗料で色をつけているのが、せめてもの救いでしょうか。

2004.3.20撮影

一丁目側交差点角には、小泉首相とブッシュ大統領が訪れ一躍有名になった居酒屋「権八」があります。以前は建設会社の本社ビルだった場所です。

2004.3.20撮影

交差点の反対、西麻布二丁目側から一丁目の坂上を写そうと思ったら、奥にドーンと六本木ヒルズの森タワーが聳えていました。

2004.3.20撮影

西麻布二丁目側から「権八」の全景を写します。以前あった建設事務所のビルは殺風景でしたが、この建物はやっぱり異様ですね。目立つことは目立つのですが。

2004.3.20撮影

一丁目側上り始めてしばらく行くと、青山墓地下に抜ける道があります。オリンピックの時に外苑通りが開通するまでは、この道がメインストリートでした。

2004.3.20撮影

左の写真と同じ場所から坂下を撮りました。以前は商店が並んでいたのですが、いつの間にかみんな姿を消し、バーやレストランばかりになってしまいました。

2004.3.20撮影

坂の中腹からの路地です。裏道にもずいぶんレストランが増えました。右手には西麻布郵便局があります。

2004.3.20撮影

一丁目側中腹から坂上を望みます。何やら派手な外装の飲食店が出来たようです。以前は陶磁器の卸商があったような気がします。

2004.3.20撮影

坂を上り切ったあたりにあるレストラン。昔ここには「自由劇場」がありました。日が暮れた頃に前を通ると長い行列ができていることもありました。

2004.3.20撮影

坂上の信号。左手のビルはかつて「和泉屋」だった場所です。倒産後もしばらく放置されていました。ビルのてっぺんには、今でも和泉屋の看板が出ています。

2004.3.20撮影

一丁目側から三丁目側を写しました。昔は米屋さん、クリーニング屋さん、床屋さん、薬局などが並んでいたところです。奥の路地をまっすぐ行くと大横町坂に突き当たります。

2004.3.20撮影

一丁目側の坂上から坂下方向を写しました。この高速道路の高架がなかったら、どんなにか景色が違うだろうと思います。高架がない頃の写真を見て想いを馳せるのみです。

2004.3.20撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年3月20日公開


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.