ホーム>>鼬坂

鼬坂(いたちざか)

麻布飯倉片町麻布狸穴町の境界にあり、狸穴坂と平行に南北に走る細い坂。北が坂上で外苑東通りの尾根にあたり、南が坂下で窪地にあたり、そこから更に古川の低地に向かう鼠坂と、永坂町へ上る植木坂が分岐している。坂下部分は現在の麻布狸穴町と麻布台三丁目の境界で、坂上は全域が麻布台三丁目に含まれる。坂名の由来は不明。隣接する植木坂、鼠坂と混乱があり、時代や文献により、鼠坂を鼬坂と呼んでいたり、この鼬坂を植木坂と呼んでいたりしている。現この鼬坂については港区の標識は立っていないが、文久2(1862)年の古地図にはっきりと名前が書かれているので、それによった。港区立三田図書館発行の「近代沿革図集」の解説欄でも、坂名の混乱について書かれている。

 

写真で見る鼬坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

細くて短い鼬坂を下から上に上りましょう。でも一枚目からいきなり坂ではない写真から。坂下のマンションの一階にある、島崎藤村住居跡のプレートと碑です。

2004.6.19撮影

左の写真のプレートだけを大きく写してみました。藤村が住んでいた頃の飯倉片町はどんな様子だったのでしょうか。鼬坂はきっと未舗装だったんでしょうね。

2004.6.19撮影

鼬坂を坂下から坂上に向かって写しました。まっすぐの切り通しという感じですが、両側の建物の地面も同じ高さですので切り通しではありません。ビルが高くなっただけです。

2004.6.19撮影

坂下から後ろを振り向くとこういう景色です。奥を右に上るのが植木坂で、左奥からさらに低地に下って行くのが鼠坂です。

2004.6.19撮影

坂の中腹から坂上を写しました。坂の頂上は外苑東通りの尾根です。尾根の向こうはまた窪地になっており、我善坊谷のある我善坊町が控えています。

2004.6.19撮影

左の写真と同じ場所で、坂下を振り向いてみました。この一帯は麻布の中でも緑が比較的多く、落ち着いた町並みです。人通りも少なく、静かです。

2004.6.19撮影

坂下の窪地の緑にフォーカスを合わせてみました。植木坂周辺は江戸期に植木商が多く住んだと言われていますが、町を歩いてもその名残を見つけることはできません。

2004.6.19撮影

坂上と坂下の高低差が良く分かるかと写した一枚ですが、思ったほど効果的には撮れていませんでした。古川沿いの低地から外苑東通りの尾根までだと、ビル何階分?

2004.6.19撮影

鼬坂ほぼ坂上から坂下に向かって一枚。地味ですが風情があっていい坂ですね。車もほとんど通らず(通れず?)、人通りも少ないので、のんびりした雰囲気です。

2004.6.19撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年7月31日公開 2006年2月20日更新


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.