ホーム>>一本松坂

一本松坂(いっぽんまつざか)


現在の元麻布一丁目、旧麻布一本松町にある小さな坂だが、町名と坂の名の由来となっている一本松の由緒は古く、また、江戸期以来の交通の要衝であったという経緯もあり、知名度は高い。一本松坂の坂下は狸坂暗闇坂大黒坂と、それぞれ更に下方へと続く急峻な坂の接続しており、坂ばかりの四叉路というのも珍しい。

 

写真で見る一本松坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

一本松坂の坂下は、大黒坂の坂上になります。写真右手前に大黒坂の標識が、左奥に一本松坂の標識が見えます。左手にある松の木が、一本松です。

2004.12.19撮影

角度を変えると、一本松の坂下の標識と、暗闇坂の坂上の標識も同時に見ることができます。暗闇坂は交通量が多く、いつも車が猛スピードで駆け上がってきます。

2004.12.19撮影

坂下の標識です。源経基という人は麻布に幾つもの伝説を残した人で、他にも笄橋の伝説などがあります。一本松の伝説の内容は、標識に書ききれないためか、触れられていません。

2004.12.19撮影

一本松の脇にある長伝寺です。一本松の別の伝説の如意輪観音像は初めは松の木の傍らにあったが、やがてこの長伝寺に移されたといいます。

2004.12.19撮影

一本松を坂下側から一枚。坂自体の存在感よりも、一本松の存在感の方がどうしても大きくなるのは、坂があまりにも短く、傾斜も小さいからでしょう。

2004.12.19撮影

角度を変えて一本松を写すと、真後ろに元麻布ヒルズが聳えてしまいます。善福寺の門前の写真もそうですが、元麻布ヒルズは名勝の写真に割り込みすぎではないでしょうか。

2004.12.19撮影

松の木ばかりに気を取られていないで、少しは坂の写真も写しましょう。でもこれが坂の全景なのです。標識がなければ、独立した坂とは気づかないのでは?

2004.12.19撮影

坂上から坂下に向かって。坂下を左手前に行くと狸坂、左奥が暗闇坂、右奥が大黒坂になります。まさに坂の町麻布を代表するような眺めですね。

2004.12.19撮影

現在一本松坂の標識は坂下にしかありません。2004年の元日の夜中に氷川神社にお参りに行った後にこの道を通ったら、酔っぱらいの仕業か、坂上の標識は根元から折られてしまっていました。早く再建してもらいたいです。

2004.12.19撮影

一本松の脇に由来を記した石碑があります。この石碑に書かれている由来は平将門征伐に出た源経基の伝説ですが、京都から来た松の宮がこの場所で亡くなったため、という伝説もあります。

2004.12.19撮影

同じく松の根元にある石の灯籠です。脇に文化4年と刻まれています。文化4年とは1807年です。200年もここにあるんですね。

2004.12.19撮影

一枚だけ、ちょっと前の一本松の写真がありました。ちょっと前と言ってもたかが2年半前なのですが。少し松の木が小さく見えるような気がしますが、剪定したすぐ後というだけなのかもしれません。

2002.5.17撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年12月23日公開 2005年2月27日更新


(c) 2003−2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.