ホーム>>稲荷坂

稲荷坂(いなりざか)

稲荷坂は現在の麻布台一丁目、旧麻布我善坊町から現在の六本木一丁目、旧麻布市兵衛町へと、南から北へと上る坂道である。坂の名称にも寿命があるとしたら、この稲荷坂という坂は現代にはあまり伝わっておらず、寿命を終えようとしているように思える。坂に関する文献にも載っていない場合も多く、実際の坂もひっそりしており、まるで歴史の中に埋もれていこうとしているようだ。

我善坊谷の中心を東西に走る道路から北へ向かうと、市兵衛町の高台が崖のように切り立っている。崖の上には泉ガーデンや六本木ファーストビルなどの高層ビルが被いかぶさるように聳え立ち、我善坊町の古い町並みと対照的な光景を描いている。坂の名前の由来は不明だが、坂沿いに稲荷社があったということなのだろう。現在少なくとも目につくところに稲荷社は見当たらない。

写真で見る稲荷坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

旧麻布我善坊町の稲荷坂を上りましょう。と言いつつ一枚目は稲荷坂とは反対側の三年坂下の写真からです。正面の崖の上は麻布郵便局の駐車場です。

2006.3.25撮影

左の写真と同じ場所から振り返るとこの写真の光景です。正面奥に細く続く道が稲荷坂です。坂は左にカーブしつつ上っていきます。

2006.3.25撮影

我善坊町の中心道路ですを西に向かっています。まっすぐ行くとこの道が落合坂になり、都道415号とぶつかるところで行合坂に突き当たります。

2006.3.25撮影

同じく我善坊町の中心道路を虎ノ門に向かって写しています。この辺りは麻布の西北端に位置します。古い建物が多い一帯です。

2006.3.25撮影

いよいよ稲荷坂の上りへと向かいます。正面の高層マンションがどーんと威圧的で、何だか近未来の都市みたいです。人の姿が全然ないのも不思議です。

2006.3.25撮影

坂下の廃屋です。この一帯は不動産会社による買い占めが進み、あちこちに廃屋があります。時の流れが止まったような不思議な感じがします。

2006.3.25撮影

古い木造の家屋もこの一帯には多く残っていて、本当にここが六本木の交差点から10分の場所なのか、と疑いたくなります。静かです。

2006.3.25撮影

坂を上り始めてから、一枚目の写真の場所、三年坂下方向を望遠で写しました。右の家の屋根よりも高い位置に郵便局の赤い車が止まっています。

2006.3.25撮影

坂下の路地です。この辺りは町並みが古いせいで、あちこちに路地が縦横無尽に生きています。路地の奥にはバスケットゴールがあったりします。

2006.3.25撮影

同じく坂下の路地です。こちらはかなり狭いですね。人間が一人やっと歩けるぐらいの幅しかありません。大人同士がすれ違うのは大変かもしれません。

2006.3.25撮影

この辺りから急激に傾斜がきつくなります。坂はほぼ直角に左折しつつ、一気に市兵衛町の台地と同じレベルまで上っていきます。

2006.3.25撮影

木造の煮染めたような古い住宅と舗装されていない古い路地です。このような光景も急速に麻布では失われつつあります。5年後に同じ光景が残っているでしょうか。

2006.3.25撮影

坂を上りつつ見上げると、坂上の高層マンションが降ってきそうです。マンションのベランダから外国人が通りを歩く知り合いに大声で話しかけていました。

2006.3.25撮影

坂上の高層住宅と坂下の木造住宅です。ブロック塀の上に小さな花を植えたプランターが並んでいます。のどかな風景ですね。

2006.3.25撮影

左にカーブを曲がりつつ急激に上っていきます。正面に棕櫚の木が生えていて、何だかちょっと東京じゃないみたいですね。不思議な空間です。

2006.3.25撮影

左カーブを曲がりつつ今来た道を振り向くと、東京タワーと霊友会の建物が重なって見えました。この辺りは地形も複雑で、さまざまな顔を見せてくれます。

2006.3.25撮影

坂を上っていくと分かるのですが、ガードレールの左二ある住宅街は坂下のレベルで、坂が上るに従って崖下に落ち込んでいく感じです。

2006.3.25撮影

カーブを曲がってから振り向いています。古い洋館、棕櫚の木、これまた古い日本家屋、そして霊友会の建物も見えています。

2006.3.25撮影

どんどん上っていきます。ガードレールの右側には背の低い家の屋根が見えてきました。谷のレベルが複雑で、建物の作りも独特なものが多いです。

2006.3.25撮影

正面の階段を下ると坂下と同じレベルに下りていきます。その向こうには谷に沿って屋根が見え、その奥は外苑東通りの尾根があり、建物が盛り上がって見えます。

2006.3.25撮影

坂上までやってきました。この二股の右側からやってきたのです。この道を左に行くと、虎ノ門の仙石山の方に出ます。こちらもまた風情がある地域です。

2006.3.25撮影

坂上から西に向かっています。正面奥を右に折れるとサウジアラビア大使館があり、その奥に泉ガーデン、さらに進むとアークヒルズがあります。

2006.3.25撮影

坂下とはまったく異なる世界が坂上には待っています。新しくピカピカのビルばかりです。30年前の姿はここには全く残っていません。

2006.3.25撮影

そんな坂上から我善坊谷を覗き込みます。正面には何と、大きくて立派な蔵が見えます。一体中には何が入っているのでしょう。

2006.3.25撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2006年4月23日公開


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.