ホーム>>市三坂

市三坂(いちみざか)

市三坂は、現在の六本木通り、六本木四丁目と六本木三丁目の境界を走る坂で、頭上を首都高速3号渋谷線の高架が通っている。旧町名でいうと、坂上が旧麻布三河台町、中腹で旧麻布市兵衛町、坂下は旧麻布今井町となる。

坂の名の由来は、三河台町の「三」と、市兵衛町の「市」を取ったもの。この道は明治中期になってから作られたもので、明治20年頃までの古地図にはこの道は載っていない。比較的新しい大通りだが、オリンピック前後に道路が拡張され、しかも高速道路が頭上を通ったため、六本木通りが町を分断する形になってしまった。

六本木ヒルズのある材木町、北日ヶ窪町などの六本木南西部に比べると、この坂のある六本木北東部はやや元気がなく、夜の繁華街ばかりが目立っている。

写真で見る市三坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

長くて大きな市三坂を下りましょう。坂上は六本木交差点です。頭上を首都高速の高架が覆いかぶさっています。高速ができる前はけやき並木があったそうです。

2005.4.17撮影

六本木交差点の信号を渡りつつ、中央で撮った写真です。昔に比べると、首都高の高架下も、排ガスまみれのままではなく、こぎれいに整備されるようになりました。

2005.4.17撮影

四丁目側に渡り、交差点の反対側を写しました。写真右奥が六本木五丁目、左側が三丁目です。旧町名では右側が旧麻布六本木町、左が旧麻布三河台町です。

2005.4.17撮影

六本木四丁目側を下り始めるとすぐあるのが俳優座です。いつも多くの人々でにぎわっています。レイトショーの映画も上映されていますね。

2005.4.17撮影

港区が設置した標識です。この坂は何故か坂下には標識が設定されていません。三丁目側も四丁目側も同じ状態なのですが、何か意味があるのでしょうか。

2005.4.17撮影

俳優座の前から、南側、六本木ヒルズを写しました。六本木ヒルズ側が新繁華街、市三坂のある北東側が旧繁華街みたいな感じになっています。

2005.4.17撮影

四丁目側から三丁目側の傾斜を写しました。この辺りは中小のビルに混じって、今でも一戸建ての商店が残っていたりします。夜は外国人が多い一帯です。

2005.4.17撮影

四丁目側の斜面を坂下に向かって写しています。正面奥にアークヒルズが見えています。比較的古いビルが多い一帯です。開発が早かったのでしょう。

2005.4.17撮影

坂の中腹にある三河台公園です。港区立三河台中学校がなくなってしまったので、旧町名の名前を残す貴重な公園になっています。

2005.4.17撮影

坂の中腹から坂上に向かって写した一枚です。四丁目側は、表通りには飲食店や風俗店が少ないのですが、一本裏手に入るとお店ばかりになっています。

2005.4.17撮影

三挺目側です。丹波谷と呼ばれる谷から、市兵衛町の高台に向かっていきます。建物が奥に向かって高く盛り上がっている様子が良く分かります。

2005.4.17撮影

斜面がゆるやかになってきました。この辺りは両側とも旧麻布市兵衛町になります。町が先にできて、後から道を通したので、複雑に町が入り組んでいます。

2005.4.17撮影

斜面がほぼ終わったあたりで信号が赤の間に車道に出て坂上に向かって写した一枚です。なかなか金属的な風景で、昔の光景はなかなか想像できません。

2005.4.17撮影

六本木通りを反対側に渡りました。坂下からの遠景です。頭上は首都高の谷町ジャンクションです。これが出来る前はどんな光景だったのでしょうね。

2005.4.17撮影

三丁目側の坂下には六本木プリンスホテルがあります。以前はフィンランド大使館だった場所です。フィンランド大使館は本村町の麻布プリンスホテル跡に移りました。

2005.4.17撮影

三丁目側を六本木交差点に向かって上ります。この辺りかあら徐々に傾斜が大きくなり始めています。実は溜池あたりから、ずっとわずかに上っているみたいです。

2005.4.17撮影

坂下から赤坂方面に向かって写した一枚です。アークヒルズが大きく見えています。森ビルの真ん中あたりまでが麻布で、反対側は赤坂になります。

2005.4.17撮影

坂を上っていきます。夜は繁華街でたくさんの人が歩いていますが、日中は閑散としています。ゴミで散らかっているのが残念です。

2005.4.17撮影

坂の中腹から坂下に向かって写しました。バブルの頃には、真夜中過ぎにはタクシーが三重駐車していて大渋滞を巻き起こしたものです。

2005.4.17撮影

左の写真と同じ場所から坂上に向かって。比較的古いビルが多い一帯です。飲食店や風俗店が多く、夜の犯罪が多い地域です。

2005.4.17撮影

坂の脇からスクウェアビル方面に抜ける細い石段です。日中はのどかな眺めですが、夜には酔っぱらいが寝込んでいたり、外国人が座り込んでいたりという光景になります。

2005.4.17撮影

坂の中腹の信号を渡りつつ、坂上に向かって写した写真です。交通標識は正面が信濃町となっていますが、実際信濃町は交差点を右折した方向です。

2005.4.17撮影

坂上に戻ってきました。そういえば、この道を六本木通りと呼ぶようになったのは10年ほど前でしょうか。それ以前は名前がなく、呼び名に困っていました。

2005.4.17撮影

坂上交差点から坂下に向かって振り返っています。びっしりと飲食店が入ったビルが並んでいます。夜中は外国人がたくさんたむろしています。

2005.4.17撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年5月8日公開


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.