ホーム>>北条坂

北条坂

テレビ朝日通りの有栖川公園上の交差点から、外苑西通りの日赤医療センター下に抜ける坂道。旧三軒家町笄町広尾町の境界、現在の南麻布五丁目と西麻布三丁目の境界に位置する。坂の名前は、江戸期に北条相模守の下屋敷が坂沿い(後の米荘閣周辺)にあったためついた。北条坂は坂上から一気に下り、一旦平坦になった後、笄川の谷に向かって再び下るのだが、坂下寄りの斜面は、別名「鉄砲坂」とも呼ばれる。これは、江戸末期に鉄砲組の与力同心がこの辺りに住み、鉄砲の練習場もあったため。

写真で見る北条坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

坂上からスタートです。左側のマンションはつい最近竣工したばかりでピカピカです。でも昔の面影はすっかりなくなってしまいました。

2004.4.17撮影

坂上の交差点を撮った一枚。右奥には盛岡町交番があります。さらにその奥には愛育病院の看板も見えています。自動車は奥から手前への一方通行です。

2004.4.17撮影

坂を下りながら一枚。ゆるやかな左カーブが美しいですね。右側が西麻布三丁目、左側が南麻布五丁目です。右側はこの辺りより手前が旧三軒家町、奥が旧笄町になります。

2004.4.17撮影

上段一番右の写真の場所から、今度は坂上に向かって一枚。道幅は狭いのですが、交通量が多いので要注意です。最近この辺りにもおしゃれな飲食店が増えてきました。

2004.4.17撮影

坂上から一気に下ってきた道は、この辺りで一度平坦になり、先の方で再び急に下ります。路地を右に入っていくと、港区立笄小学校があります。

2004.4.17撮影

坂の中腹の平坦な場所から撮りました。写真右奥が急な坂になっていることが良く分かります。写真右手は現在マンション工事中ですが、以前は米荘閣があった場所です。

2004.4.17撮影

坂下に向かって一気にくだります。正面の信号は外苑西通りとの交差点です。中腹の平坦な箇所より下には、「鉄砲坂」という別名がありました。

2004.4.17撮影

坂下の勾配から港区が設置した標識を眺めつつ、奥の方には坂上に上る勾配も見えています。右手の緑がマンション建設後も残るといいのですが。

2004.4.17撮影

坂下の交差点に到着です。左側に建ったマンションには、「笄町住宅」の名前がついていました。旧町名が建物の名前につくのは嬉しいものです。

2004.4.17撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年4月25日公開


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.