ホーム>>雁木坂

雁木坂(がんぎざか)

雁木坂は旧麻布飯倉町二丁目、現在の麻布台一丁目にある小さな坂、というより階段。榎坂の北側にあり、坂下には宗教団体霊友会の本部の大きな建物がある。1960年発行の「港区史」によると、もともとは石で雁木型に組んである坂道だったそうだが、明治中期以降コンクリートの階段になった、とある。港区が設置した標識では、特にそのあたりの歴史的経緯については触れられておらず、階段の坂を雁木坂を呼ぶ、とある。

裏通りにある小さな坂だが、なかなか風情豊かな表情を見せる。

写真で見る雁木坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

雁木坂を坂下から坂上に向けて写していきましょう。まずは坂下正面からの眺めです。木が多く、裏道なので、ひっそりしています。なかなかの風情です。

2005.4.17撮影

坂下右側には霊友会の大きな建物があります。私が子供のころにはもうこの建物があったように思います。周辺にも霊友会関連の建物がたくさんあります。

2005.4.17撮影

港区が設置した標識です。雁木の説明に、絵が描かれているのが面白いですね。雁木に組んだ坂であれば、かなりの急勾配だったのではないでしょうか。

2005.4.17撮影

坂の中腹から坂下に向かって写しました。正面の奥が桜田通りで、その向こうには東京タワーがそびえていますが、一歩裏に入ると人も車も殆ど通りません。

2005.4.17撮影

坂の中腹に、坂下からみて左に折れる小道があり、それを写したものです。土地が複雑な起伏を持っているため、それを調整するため細かく石段が作られています。

2005.4.17撮影

左の写真と同じ路地を少し入ってみました。人がすれ違うだけなら、これぐらいの幅があれば十分ですね。ひっそりした空気が伝わってきます。

2005.4.17撮影

坂の中腹から坂上に向かって写しました。坂上の奥は旧飯倉町六丁目です。左が尾根で、右に行くと三年坂があり、我善坊谷へと低くなります。

2005.4.17撮影

坂上に上り、右に向かって写しました。我善坊谷があり、その向こうは市兵衛町の尾根があり、その向こうは虎ノ門に向かって徐々に低くなっていきます。

2005.4.17撮影

坂上からの全景です。コンクリートの階段になる前の姿というのを見てみたいものです。写真が残っていないか、調べてみたいですが、明治中期だと難しいですね。

2005.4.17撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年9月17日公開  2006年2月26日更新


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.