ホーム>>不動坂

不動坂(ふどうざか)

 

不動坂は、現在の六本木三丁目、旧麻布市兵衛町二丁目にある小さな坂。不動坂の一本北には並行して丹波谷坂があるが、不思議なことに、丹波谷坂には港区の標識が設置されているのに対し、この不動坂には標識がない。坂の規模や傾斜などはほとんど同じなのに何故なのだろうか。

不動坂は東側が市兵衛町の高台で高く、西側が丹波谷に向かって一気に低くなっている。坂の名は、坂の途中にある真言宗寺院、不動院からつけられた。六本木の喧噪からごく近いところに位置する坂ながら、周辺は静寂に包まれている。

写真で見る不動坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

東から西へと下る不動坂です。まずは坂上から。まだ傾斜がゆるくて坂下は見えません。写真真ん中奥には、三河台の高台に建つスクウェアビルが見えています。

2005.4.17撮影

坂上から南向き、外苑東通り方面を写しました。交通量も少なめで落ち着いた雰囲気です。六本木の喧噪もここまでは届きません。

2005.4.17撮影

坂上から反対に北側を写しています。一本北隣には、丹波谷坂が並行して走っています。正面奥の道路をまっすぐ行くと寄席坂、右に行くとなだれ坂です。

2005.4.17撮影

傾斜が始まりました。写真右の建物の名前に注目してください。「六本木ヒルズ」とあります。もちろん、あの六本木ヒルズよりも古くから建っています。こちらが本家です。

2005.4.17撮影

傾斜が始まってすぐに振り向くと、泉ガーデンがそびえています。角の建物が工事中でないために、余計はっきり見えるのかもしれません。

2005.4.17撮影

坂の中腹には、駐車場兼家庭菜園のような空間があります。写真ではちょっと分かりにくいですが、近づくと畑っぽくなっています。六本木に畑が!

2005.4.17撮影

坂の中腹から坂上に向かって写しました。この坂も他の麻布の坂同様、坂上に行くほど傾斜が厳しくなります。この坂はカーブがなく、まっすぐですね。

2005.4.17撮影

坂の中腹左側にある、真言宗寺院、不動院です。坂の名の由来となっているお寺で、最近改築されたらしく、きれいでピカピカです。

2005.4.17撮影

不動院の境内にある、児稲荷神社です。伝説がある稲荷で、そのいわれについて不動院内にプレートが掲げられていました。小さな祠ですが、古いものです。

2005.4.17撮影

不動坂には何故か港区の標識がありません。しかし、ちゃんと坂沿いのビルの名前になっていました。なんだか嬉しくなりますね。

2005.4.17撮影

坂下です。行き止まりのように見えますが、左奥から丹波谷に抜けられます。細い路地が入り組んでいる一角で、何やら探検気分を味わうことができます。

2005.4.17撮影

坂下から坂上に向かって、坂の全景を写しました。こうして見ると、傾斜が上に行くほど厳しくなっている様子が良く分かりますね。

2005.4.17撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2005年5月5日公開


(c) 2003−2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.