ホーム>>榎坂

榎坂(えのきざか)

榎坂は外苑東通りの飯倉交差点の西側の坂で、現在の麻布台一丁目と麻布台二丁目の境界、旧町名では麻布飯倉町二丁目と三丁目の境界であった。

坂の名の由来は、実際坂の近くに榎の大木があったためのようだ。「江戸鹿子・増補江戸惣鹿子新増大全」では具体的に、榎のあった場所を「この榎木は今番小屋の後ろに見える」と示している。

鋭くカーブしながら飯倉の四つ辻に下り込む様はなかなか勇壮であるが、港区は榎坂の標識を設置していない。小さいがキラリと輝く良い坂なので勿体ない。是非標識を設置してもらいたいものである。ちなみに飯倉町周辺の坂は標識がないものが多く、土器坂や東京タワー側に上る坂、神谷町側に下る坂など、いずれも名前がなかったり、名前はあっても標識がなかったりで寂しい。

写真で見る榎坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

飯倉にある榎坂を紹介します。まずは坂上の風景から。外苑東通りです。右側は旧飯倉町六丁目、左側が旧麻布狸穴町です。

2005.4.17撮影

左の写真と同じ場所から榎坂方面に向かいます。まだ坂は見えませんが、奥に向かって土地が低くなっているのが分かります。

2005.4.17撮影

旧郵政省と麻布郵便局の建物です。古くて重厚な建物です。取り壊されたりすることなく、長くここに建っていてもらいたいものです。

2005.4.17撮影

坂に近づいてきました。左にするどくカーブしながら下って、飯倉の交差点が坂下ですが、この交差点は他の三方向も全て坂になっています。

2005.4.17撮影

ロシア大使館の塀です。ソ連大使館だった頃に比べると、迫力が大分なくなったような気がしますが、それはあくまでも気のせいですね。

2005.4.17撮影

坂の全容です。小さな坂なので、あっという間に終わってしまいます。カーブしながら下る様子が、「すり鉢」のようだと感じます。

2005.4.17撮影

坂上から見て右手にある一乗寺という寺院です。この辺りは今でも寺社が多いですが、江戸期はもっと多かったようです。震災や戦災で大分減ってしまったようです。

2005.4.17撮影

坂下まで下ってきて、これが飯倉交差点です。正面に見える不思議な外観のビルは、愛宕山ヒルズのビルです。この辺りは山が多く、従って、谷も多いのです。

2005.4.17撮影

坂下から坂上に向かって写しています。自動車を運転していると、このカーブは見通しが悪く、しかもカーブの先に信号があるので要注意です。

2005.4.17撮影

飯倉交差点から神谷町方面に下って行く道です。この写真の奥の方はもう麻布ではなく、芝になります。麻布の北西端ということになります。

2005.4.17撮影

同じく交差点から東京タワー側を写していますが、この交差点までが麻布で、向こう側は芝になります。東京タワーは近すぎて映りません(笑)。

2005.4.17撮影

やはり飯倉交差点から今度は赤羽橋方面を写しています。この交差点は、二方向の坂の坂下であると同時に、二方向の坂の坂上であるという、非常に不思議な地形です。

2005.4.17撮影

坂の規模は小さいですが、斜面はかなり急です。特に土器坂方面から上ってくると、どんどん傾斜が厳しくなり、ジョガー泣かせです。

2005.4.17撮影

逆光で妙に迫力が出てしまいましたが、翻るロシア国旗と、その向こうに六本木ヒルズの銀の塔です。ここに昔は天文台がありました。信じられませんね。

2005.4.17撮影

東京タワーです。あと100メートル麻布が東に広ければ、東京タワーは麻布の中に入っていました。ちょっと残念です。あまりにも近すぎて、写真に写すのが大変です。

2005.4.17撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年6月26日公開  2005年9月18日更新


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.