ホーム>>閻魔坂

閻魔坂(えんまざか)

閻魔坂は現在の六本木三丁目、旧麻布三河台町にある坂。現在の外苑東通りから北に向かって下る細い道で、六本木繁華街の中心にあり、飲食店や風俗店が多い地区である。

閻魔坂という名の由来は、昔、現在は六本木七丁目(旧麻布六本木町)に移転した崇厳寺が坂下にあり、寺内に閻魔堂があったからとのことだが、今はない。坂下には六本木近辺の寺院の共同墓所があるので、その辺りが崇厳寺だったのではないか。

昼は閑散とした感じだが、夜になるとネオンの灯りと墓地の暗闇が対照的な地区である。なお、この坂には港区の坂の標識は設置されていない。

写真で見る閻魔坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

閻魔坂を南から北へ下りましょう。一枚目は坂上からの全景です。決して美しいとは言えない景観です。特に昼は薄汚れた雰囲気が漂います。

2005.9.23撮影

坂上から外苑東通りを東に向かって写すと、すぐにロアビルが見えます。夜になると外国人の方が日本人より多くなり、朝まで騒がしい一角です。

2005.9.23撮影

坂上から反対の西側に向かって写すと、今度は六本木交差点が見えます。こちら側もクラブや飲み屋などがひしめき合う地域です。残念ながら犯罪も多い場所です。

2005.9.23撮影

坂上の角にあるビルです。今はフレッシュネスバーガーになっていますが、少し前までは、「アカシア」という喫茶店でした。

2005.9.23撮影

坂を下り始めてから、坂上に向かって一枚。写る景色がカラオケボックスとか飲み屋ばかりです。この一帯は昔に比べ、カラオケボックスが非常に増えました。

2005.9.23撮影

坂の途中を左に折れる路地です。小規模の古いビルと、そこにテナントとして入る飲食店、昼は静かで夜になると活動を開始する一帯です。

2005.9.23撮影

狭い道ですが、車の通行量は多めです。あと、大通りに駐車できない人達の路上駐車も多くなっています。ドンキホーテが近くに出来た影響もあるかもしれません。

2005.9.23撮影

坂下近くには、あの「金魚」が聳えています。隣が墓場というロケーションも、なかなか凄みがあって良いと思います。私は一度も入ったことがありません。

2005.9.23撮影

左の写真の「金魚」の建物の奥は墓地になっています。かなり広い墓地ですが、眠っている人達はこんな周囲の環境では落ち着かないのではないでしょうか。

2005.9.23撮影

閻魔坂の坂下から、スクウェアビル方面に繋がる石段です。何から何まで薄汚れている感じで、少し気の毒に思いますが、夜には別の顔を持ちます。

2005.9.23撮影

坂下から坂上への全景です。坂としては、それほど急なものではありませんが、坂上に近づくに従って若干勾配が厳しくなります。

2005.9.23撮影

上の写真の墓地にはこのような看板がかかっています。六本木周辺の寺院の共同墓地とのことですが、なかには既になくなってしまった「正信寺」の名前もあります。

2005.9.23撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2005年12月25日公開


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.