ホーム>>道源寺坂

道源寺坂(どうげんじざか)

現在の六本木一丁目、旧麻布谷町麻布箪笥町の境界にある坂。市兵衛町の尾根と今井町の尾根の間の六本木通りの谷底から、市兵衛町側の尾根に上る急峻な坂だが、坂の周辺は激しく再開発され、アークヒルズ、泉ガーデン、ティーキューブに挟まれて一日中陽が差すことがない。

坂の名の由来は坂の中腹にある道源寺という寺院から採ったもの。ビルの谷間に現在も頑張っている。

 

写真で見る道源寺坂(写真をクリックすると拡大表示されます)

美しい道源寺坂を坂下から上りましょう。まず一枚目は坂下手前から写したものです。右手に東京メトロ南北線六本木一町目駅の入口看板が見えています。最近まで再開発工事が続いていた一帯です。

2004.7.31撮影

坂下にある寺院は道源寺ではなく西光寺です。寺の門と坂の標識が並んでいます。江戸期には西光寺門前という門前町屋がありましたが、明治に入り谷町に合併されました。

2004.7.31撮影

傾斜の始まりから坂上に向かって一枚。傾斜とカーブの角度に風情があり、左側の寺院の緑も美しいです。実際はビルの谷間なのですが、写真だけみれば、そうとは分からないですね。

2004.7.31撮影

坂下にある西光寺の門です。再開発などが激しい地区では、古くから同じ場所に位置し続ける寺院は、当時と現在の地図を結びつける貴重な材料です。

2004.7.31撮影

坂はゆるやかに蛇行しつつ、右に針路をとります。坂下からの眺めは、古き良き時代を思い起こさせます。着物姿の女性が坂を上っていてもおかしくない感じですね。

2004.7.31撮影

左の写真と同じ場所から坂下に向き直ると、左側の六本木一丁目駅の建物が大きく写り、左の写真の風情とは全く異なる光景となります。

2004.7.31撮影

坂の中腹から坂下に向けて一枚。写真左手が麻布箪笥町、右が麻布谷町になります。どちらの町も麻布地区の中でも、もっとも激しく開発され原型をとどめない町の一つです。

2004.7.31撮影

坂の中腹から坂上を見上げると、大きな木が根の周囲をコンクリートで囲まれつつも頑張っています。この木の右手奥が泉ガーデンになります。

2004.7.31撮影

左の写真と同じ大木の左手には、坂の名の由来にもなっている道源寺の門があります。人通りも少なくひっそりとしていますが、背後には首都高速の谷町ジャンクションがあり、騒音がひどいです。

2004.7.31撮影

道源寺の向こう、坂下から見て左手には元祖再開発、アークヒルズが聳えています。アーク森ビルの真ん中あたりが麻布と赤坂の境界になります。

2004.7.31撮影

ひっそりとたたずむ道源寺の門を正面から写しました。道源寺は江戸初期に創建された浄土宗寺院です。木造の建物が歴史を感じさせます。

2004.7.31撮影

道源寺の屋根の向こう、写真中央奥に見える高層ビルは、東京全日空ホテルで、左手前がアーク森ビル、右手はアークヒルズの住宅棟です。

2004.7.31撮影

坂の中腹、道源寺の門の周辺から坂下に向かって写しました。風情のある坂の向こうに見えるのが、首都高谷町ジャンクションの、二重の高架です。

2004.7.31撮影

左の写真と同じ位置から坂上右側を見上げると、今度は泉ガーデンの緑色のガラス張高層ビルが飛び込んできます。アークヒルズと泉ガーデンに挟まれていて、陽当たりは非常に悪いです。

2004.7.31撮影

泉ガーデンの高層ビルの陰に隠れるように、道源寺の墓所がひっそりと佇んでいます。超高層ビルも結構ですが、亡くなった人達が静かに眠ることができる墓所も大切だと思います。

2004.7.31撮影

坂上にある標識です。道路が90度折れ曲がる地点にあり、道幅もとても狭いので、道源寺の塀に寄り添うようにひっそりと立っています。

2004.7.31撮影

坂上地点から坂下方向に向けて一枚。道源寺坂はそれほど大きな坂ではないのですが、ご覧のように坂上から坂下までを見通すことはできません。

2004.7.31撮影

坂上から少し行ったところにある、一願地蔵尊です。 森ビルの名前が入った幟が両側ではためいています。

2004.7.31撮影


「坂から見た麻布」のトップページに戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2005年1月2日公開


(c) 2003−2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.