ホーム>旧町名>麻布材木町

麻布材木町


■ 町域

現在の六本木六丁目の六本木通り沿い一部、六本木七丁目の六本木通り沿い一部にて構成される、高台の南北に長い町。

北で龍土町と、東で六本木町と接する。南は北日ヶ窪町と接し、西で桜田町霞町との境界を持つ。

■ いわれ

もとは龍土町の一部だったが、自然と材木商が多く住むようになり、龍土材木町と呼ばれるようになったのがはじまり。文献が類焼してしまっており、あまり残っていないため詳細は不明。

■ 歴史

正徳三年(1713)、町方支配となる。明治2年、麻布材木町となり、明治5年には信濃飯田藩堀氏の屋敷ほかの武家地を合併した。

明治時代は麻布屈指の高級住宅地だったそうで、ルーマニア、イラン、スウェーデン公使館などがあったが、路面電車開通後は電車通り(現在の六本木通り)に沿って商店が並び、中規模程度の住宅が背後に並んだという。

■ 現況

六本木六丁目の南側半分以上は、まさに六本木ヒルズの爆心地、六本木ヒルズ森タワーが立つ地域となり、町は跡形もなく消し飛んでしまった。六丁目側は北側も、ピラミデビルなどバブル期に建設された大規模ビルが目立つが、六本木通り沿いは古びたペンシルビルも多い。

一方六本木七丁目側は、六本木通り沿いのビルを除き、裏道沿いは比較的ゆったりとしたマンション郡が見られる。町の中心を通る六本木通りには首都高速の高架がかかり、六本木六丁目側と七丁目側ではまったく別の町の様相を呈している。

■ 町内の坂

なし。坂の多い麻布には珍しく、全域が高台に位置する町である。

■ 町内の寺社仏閣

出雲大社東京分祠

■ 町内の教育施設

なし

■ その他町内にあるもの(あったもの)

六本木ヒルズ森タワー
六本木ヒルズメトロハット
六本木WAVE(今はない)
テレビ朝日(今はない)
青山ブックセンター
警視庁麻布警察署


旧町名一覧に戻る
「麻布細見」トップページへジャンプ
2003年10月12日公開 2004年7月31日更新

(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.