ホーム>旧町名>麻布鳥居坂町

麻布鳥居坂町


■ 町域

外苑東通りの尾根から麻布十番の谷に向かう通りのうち、六本木寄りが鳥居坂町に、飯倉寄りが東鳥居坂町になる。町の東側はずっと高台で、鳥居坂の急な坂で一気に十番の谷に下るが、鳥居坂下交差点は南日ケ窪の町域になる。全域が現在の六本木五丁目に含まれる。町の北で六本木町と、東で東鳥居坂町と、南で南日ケ窪町と、西で北日ヶ窪町と接する。

■ いわれ

町名は同町にある鳥居坂からつけられたが、坂の名前の起源に二つの説がある。一つには、宮村町にあった(今は本村町に移転)麻布氷川神社は昔は今よりも大社であり、二の鳥居がこの地にあったためとする説(余談だが三の鳥居は永坂町にあったという)と、鳥居丹波守の屋敷があったためとする説があるが、どうも後者の説が有力なようだ。

■ 歴史

江戸初期に武家地がこの地にできた。延宝(1673〜1681)の頃には南端に麻布村が残っていたが、他は既に武家地になっており、幕末には麻布村だった場所も内田増次郎抱屋敷、北へ行くと多度津藩京極氏、戸川氏、大久保氏の屋敷であった。なお、この辺りに田端横丁という里俗があったというが、詳細は不明である。

全域が武家地であったため、明治5年になって鳥居坂町が起立する。もともと武家地でもあり、南側斜面という良好な条件もあり、明治以降も大邸宅地となった。

太平洋戦争で全域が罹災した後は大邸宅はなくなったが、それでも国際文化会館、日銀社宅、アメリカ軍宿舎などの大区画となった。

■ 現況

東京オリンピック、バブル経済とその破綻の荒波をくぐり抜けた麻布地区にしては変化が少ない町の一つ。日銀社宅だった場所は現在六本木中学校のグラウンドになっているが、その他は静かな住宅地となっており、区画も非常にゆったりしている。外苑東通りを六本木交差点から歩いてきて、ロアビルの角を曲って鳥居坂に向かうと、それまでの喧騒が嘘のように静かな町並となっている。

■ 町内の坂

鳥居坂

■ 町内の神社仏閣

なし

■ 町内の教育施設

東洋英和女学院 小学部

■ その他町内にあるもの(あったもの)

川崎ハウス
国際文化会館
シンガポール大使館
六本木中学校グラウンド


旧町名一覧に戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年1月12日公開 2004年4月29日更新


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.