ホーム>旧町名>麻布新門前河岸

麻布新門前河岸


麻布新門前河岸は町域が自然消滅したため、町域が存在していた北新門前町の地図を掲載しています

■ 町域

一の橋から赤羽橋に向かう古川の北側、北新門前町の南端に位置する河岸地。東は中の橋から西は新門前橋までが町域であると「新選東京名所図会」にあり、現在の東麻布二丁目地域に含まれる。北側を北新門前町に、南側は古川を挟んで芝新門前町に接する。「北新門前河岸」という呼び名もあったようだ。

■ いわれ

古川の北側の麻布北新門前町、南側の芝新門前町に挟まれた地区の河岸地のため、新門前河岸という名がついたと思われる。

■ 歴史

河岸地が一町並の扱いになるのは明治以降なので、明治初期に成立したものと思われる。麻布地区、芝地区の他の河岸地同様、いつの間にか番地が失われ、町域も曖昧になり次第に失われ、名前だけが残った。いつ頃に実態が失われたのか、詳細は不明だが、昭和16年発行の「麻布區史」の頃はまだ河岸地として実態が残っていたようだ。

実態が失われた後も、住居表示で旧町名が消えるまで、地図にも名前だけは残っていた。新門前橋という橋が架かっていると「麻布區史」にはあるが、現在その橋は見当たらない。一の橋と中の橋の間に新堀橋があるが、この橋のことか。

■ 現況

古川に蓋をするように首都高速環状線が走り、古川は護岸工事のため深く掘り下げられたコンクリの堤防の内側を流れ、河岸地の面影を偲ぶことはまったくできない。一帯は高架下の駐車場や小公園、それに倉庫などになっている。

■ 町内の坂

なし

■ 町内の神社仏閣

なし

■ 町内の教育施設

なし

■ その他町内にあるもの(あったもの)

特になし


旧町名一覧に戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年1月10日公開 2004年2月1日更新


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.