ホーム>旧町名>渋谷広尾町

渋谷広尾町


■ 町域

現在の南麻布五丁目、住居表示前の旧麻布広尾町と渋谷区にまたがる町域を持つ。住居表示前の麻布に属したのは、現在の広尾橋交差点周辺から有栖川公園に向かう道路の左側の町域。江戸期から明治中期まで存在した。町域の一部は現在渋谷区広尾四丁目となっている。

■ いわれと歴史

古くは渋谷村の一部だったが、寛文8(1668)年に家作を許されたという。樋蘢(ひろう)という小名が享保年中に字を改めて渋谷広尾町と唱えたというが、詳細は不明という。

明治5年、渋谷広尾町は渋谷広尾町、渋谷上広尾町、渋谷下広尾町の3町に分割され、明治11年の区郡編制により、この3町はいずれも麻布区に所属することになる。

明治22年5月1日、渋谷広尾町全部、渋谷上広尾町のうち5番地から9番地まで、渋谷下広尾町全部は南豊島郡渋谷村に編入された。さらに明治24年3月に渋谷村字笄開谷のうちの笄川以東、渋谷上広尾町のうち1番地から4番地までが麻布広尾町に合併され、麻布区内の渋谷広尾町は消滅した。

■ 現況

麻布広尾町のページを参照してください。

■ 町内の坂

麻布広尾町のページを参照してください。

■ 町内の寺社仏閣

麻布広尾町のページを参照してください。

■ 町内の教育施設

麻布広尾町のページを参照してください。

■ その他町内にあるもの(あったもの)

麻布広尾町のページを参照してください。

■ 参照ページ

麻布広尾町


旧町名一覧に戻る
「麻布細見」トップページへジャンプ
2005年1月16日公開


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.