ホーム>旧町名>麻布三軒家町

麻布三軒家町


■ 町域

テレビ朝日通りの尾根を中心とした町のうち、中国大使館よりも南、有栖川公園より北のほぼ正方形が三軒家町の町域。ほぼ全域が高台に位置するが、東側の宮村町との境界周辺は麻布十番の谷に向かっており、西側は笄川の谷向かって低い。現在の元麻布二丁目の一部と西麻布三丁目の一部から構成される。北は桜田町、東は宮村町本村町、南は盛岡町、西は笄町広尾町に接している。

■ いわれ

三軒の家があったから、三軒家町である。昭和35年発行の「港区史」では、「何軒家という地名は(中略)根拠あるものと考える他ない」と嘆いている。

■ 歴史

実際町屋が出来、三軒から徐々に増えていったのは、町を南北に貫く現テレビ朝日通りの西側(西麻布側)尾根伝いである。延宝期(1673〜1681)の図に「麻布三軒家百姓町屋」と「麻布三軒家天徳寺領町屋」が並んでおり、道路の東側と、西側の谷に向かっては畑であったという。三軒家町のうち、テレビ朝日通り西側には「裏町」の俗称があった。

明治5年に町域南側にあった武家地を併せて現町域が完成する。町域には学校も寺社地もなく、変化の少ない静かな住宅地であったようだ。

■ 現況

六本木ヒルズの開業によって、テレビ朝日通りは六本木六丁目交差点が一方通行となり、交通量も減ったように思われる。六本木側からも広尾側からも距離のある同町域は、表通りは中層マンション化が徐々に進行し、飲食店も散見されるが、通り沿いにもまだ一般住宅が残っている。西側の斜面も中規模住宅が多く、静かな佇まいであり、東側斜面にはやや規模の大きな住宅が多い。六本木ヒルズからは近距離にありながら、落ち着いた佇まいを見せている。

■ 町内の坂

大隅坂
中坂
北条坂(鉄砲坂)

■ 町内の神社仏閣

なし

■ 町内の教育施設

なし

■ その他町内にあるもの(あったもの)

特になし


旧町名一覧に戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2003年12月30日公開 2005年4月10日更新


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.