ホーム>旧町名>麻布坂下町

麻布坂下町


■ 町域

麻布十番商店街の大通りと直角に交わる雑式通り沿いの町。全域が古川沿いの低地だが、西側は一本松へ向かう大黒坂に沿ってやや高くなっている。大部分が現在の麻布十番二丁目に、一部が麻布十番三丁目に属する。北で宮下町新網町と、東で網代町と、南で山元町と、西で一本松町宮村町に接する。

■ いわれ

一本松の高台から古川の谷に向かう東のすそにあり、坂下の名の通りなのだが、どの坂の下なのかは複数の説があり、一本松坂の下の意味だという説や、大黒坂の下という説があり、また、そこら中が坂だからという説まであるようだ。いずれにしても麻布の高台のふもとにある町という意味に間違いはない。

■ 歴史

はじめは阿左布村の百姓長屋であったが、正徳3(1713)に町方支配になった。この辺り一円を雑式(雑色)と呼ぶ里俗があるが、これは朝廷の雑役人の呼び名のため、関係者が住んでいたと思われる。

明治以降は町北部は麻布十番商店街の一部として繁栄したが、戦前はどちらかというと繁華街の印象が強く、戦後は日用品を扱う商店街の印象が強くなった。

町の西北端、宮村町との境界地(現在のハラストアーの場所)にあった末広神社は戦災で消失し、戦後は永坂町の竹長稲荷に合祀されて十番稲荷神社となった。

■ 現況

町域北側の麻布十番商店街通りは二本の地下鉄と六本木ヒルズの開業により、一層の活況を呈している。同町域にはハラストアー、登龍、おもちゃのこばやし、月島家などが並んでいる。一方十番商店街通りと直角に交わり十番稲荷前から仙台坂下を結ぶ雑式通り沿いには洋食のEDOYAを始めとするレストラン、バーなどの飲食店が多く、夜になると商店街を凌ぐ賑わいとなっている。雑式通り沿いの飲食店はマンションの一階、地下部分を活用したものも多く、上の階は住宅となっている。

■ 町内の坂

大黒坂(だいこくざか)

■ 町内の神社仏閣

末広神社(今はない)

■ 町内の教育施設

なし

■ その他町内にあるもの(あったもの)

麻布十番商店街
雑式通り
パティオ


旧町名一覧に戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年1月12日公開 2004年12月25日更新


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.