ホーム>旧町名>麻布永坂町

麻布永坂町


■ 町域

麻布区南東部の町。住居表示実施の際に住民から抗議運動が起こり、住居表示の実施が見送られたため、現在も「港区麻布永坂町」という輝かしい町名を維持している。ただし、住居表示実施前は東鳥居坂町との境界にある於多福坂(おたふくざか)が町の西端であったが、一の橋から飯倉片町交差点を抜ける「永坂」の大通りの開通に伴い、大通りから於多福坂までに町域西部は永坂町から六本木五丁目に編入されており、町域は狭くなってしまっている。

外苑東通りの尾根から麻布十番の古川沿いの低地に向かう斜面地で、北ほど高く、南は低い。十番稲荷神社周辺の環状3号線沿いも町域南端に含まれる。斜面地のため坂が多く、前述の於多福坂の他、永坂植木坂鼠坂がある。

昭和35年当時の旧町名では、北で飯倉片町、東で狸穴町、南で新網町宮下町と、西で南日ケ窪町東鳥居坂町と接する。

■ いわれ

町名は南北に町を貫く永坂からつけられた。しかし、東京オリンピックの際に永坂は首都高速環状線の高架下の都道415号線(放射1号)とされ、往時とは全く別の坂になってしまっている。六本木ヒルズの「さくら坂」のように、旧玄碩坂の跡形もなく、坂の名前も失われてしまうよりはましと考えるべきか、新しい道になって全く別の坂なのだから、いっそ名前も変えた方がいいと考えるかは、人次第だろう。

■ 歴史

寛永年間(1624〜1644)にすでに家作が許されており、麻布永坂百姓町屋と呼ばれた。その後正徳3(1713)年に麻布永坂町と飯倉永坂町に分かれる。飯倉永坂町は飛地となって櫛の歯のように麻布永坂町と入れ子になっていた。また、大長寺に門前町ができていた時期もあった。町屋は坂の東側と坂下一帯にでき、町の北端に光照寺、大長寺、坂の途中に三田稲荷、南端に竹長稲荷があり、それ以外の場所は武家地であった。

明治2年に麻布永坂町と飯倉永坂町、さらに光照寺門前が合併して麻布永坂町が起立、明治5年に寺地、武家地をも合併して町域が完成した。明治時代には、もともと町屋だったところは商家に、武家地などだったところは屋敷になった。更科蕎麦の布屋太兵衛もあった。

その後坂の途中は次第に商店を失って住宅地化したという。太平洋戦争で一部罹災し、その後は全域が住宅地となった。

■ 現況

昭和35年の永坂町の地図と、平成15年の地図を見比べると、同じ町とは思えないほどの変化が起きている。上述したとおり、首都高速環状線の高架をかけるため、永坂は従来の坂とはまったく別の坂となり、町を完全に分断している。表通り沿いは総じてマンション化が完了しており、一般の住宅はほとんど見られない。道路が通った頃に建設されたマンションが多いのか、やや古びた感じがし、レストランなども点在しているが、あまり活気があるとは言えない状況となっている。

町の西域は現在六本木五丁目の一部となっており、こちら側には飲食店が多く、特に環状3号線沿いの南西側低地には、かつてディスコ「マハラジャ」もあった場所で、今も若者向けの店が多い。一方町の東側は、大通り沿いはビルとマンションばかりだが、一本裏に入ると表の喧騒が嘘のように静かな住宅地となっており、ブリジストン美術館永坂分館などもある。植木坂から鼠坂にかけての一帯は窪地となっており、古い町並と細い坂道は、六本木ヒルズ建設で失われた宮村町の玄碩坂から薮下にかけての風景にどこか似ているものが感じられる。我善坊町の古い町並が森ビルによって買収された廃屋が多いのに対し、永坂町の古い町並には廃屋はほとんど見られず、町が活きていることを感じることができる。

■ 町内の坂

植木坂
於多福坂
永坂
鼠坂

■ 町内の神社仏閣

三田稲荷(今はない)
竹長稲荷神社(今は十番稲荷神社になった)
十番稲荷神社
光照寺(今はない)
大長寺

■ 町内の教育施設

なし

■ その他町内にあるもの(あったもの)

麻布図書館
参議院副議長公邸
ブリジストン美術館永坂分館
麻布永坂更科本社

■ 参照ページ

光照寺門前


旧町名一覧に戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年1月13日公開 2005年3月13日更新


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.