ホーム>旧町名>麻布盛岡町

麻布盛岡町


■ 町域

麻布区南西部に位置する。北西端の盛岡町交番から麻布グラウンドにかけては本村へ続く高台で、南西は広尾の笄川の谷に向かって低い。町域西の坂を木下坂、東の坂を南部坂と呼ぶ。町の大部分を有栖川宮記念公園が占め、全域が現在の南麻布五丁目に属する。町の北で三軒家町、東で本村町、南で富士見町、西で広尾町と接する。

■ いわれ

全域が武家地だったため明治に入って町名をつけたが、その際町域が南部氏邸であり、南部氏は盛岡藩主だったため、盛岡町と名付けた。

■ 歴史

延宝年間(1673〜1681)には既に奥州南部藩南部氏の邸地となっており、その状態が明治維新まで続いた。明治5年に全域がそのまま盛岡町として起立。旧南部氏邸跡は明治中期から有栖川宮邸地となり、その後高松宮家所有地となったが、東京市に下賜され、大部分が有栖川宮記念公園となり、北部は東京府養正館となった。戦後は公園地はそのままだが、養正館の地は都立教育研究所、テニスコート、区営運動場などになった。

■ 現況

一般の住宅がまったくない町域で、有栖川宮記念公園、愛育病院、都立中央図書館、麻布グラウンド、東京ローンテニスクラブで全ての町域を占めている。施設関係者が域内に居住している可能性があるが、基本的に住民はいないはずである。公園を取り巻く塀が低いものに作り替えられたおかげで、木下坂を歩きながら、園内の緑を満喫できるようになった。有栖川公園の蛍育成のプロジェクトは絶えてしまったようだが、是非復活させてもらいたいものである。

■ 町内の坂

木下坂
南部坂

■ 町内の神社仏閣

なし

■ 町内の教育施設

愛育幼稚園

■ その他町内にあるもの(あったもの)

有栖川宮記念公園
愛育病院
東京ローンテニスクラブ
麻布グラウンド
都立中央図書館


旧町名一覧に戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年1月18日公開 2006年1月21日更新


(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.