ホーム>旧町名>麻布南日ヶ窪町

麻布南日ヶ窪町


■ 町域

芋洗坂下から新一の橋交差点に向けて環状3号線に沿う形の細長く小さな町(鳥居坂下周辺まで)。大部分が現在の六本木五丁目に入るが、一部麻布十番一丁目も含む。

北で北日ヶ窪町と、東で鳥居坂町東鳥居坂町永坂町と接し、南は宮下町、南西から西にかけては宮村町と接する。

■ いわれ

町の南の低地に古川が流れ、六本木の高台から古川に向かう谷の一つ。方角的に日当たりが良かったので、日南窪と呼ばれたそうだが、かつてこの地から土人形の入った桶が二つ掘り出されたので、雛人形を作る土地だったということで、雛窪と呼んだという異説もある。

■ 歴史

日当たりの良い南斜面だったため、早くから百姓が住み着いていた。延宝年間(1673〜1681)にはすでに麻布南日ヶ窪百姓町屋となっていた。南日下窪と書くこともあったようだ。

明治維新の際には特に町域に変化はなく、明治11年になって宮村町49番地を編入した。明治以降は住宅地として発展した。第二次世界大戦では全町域が建物疎開となった。

■ 現況

町域のごく一部北西端が六本木ヒルズのゲートタワーに含まれているが、それ以外は環状3号線沿いの六本木側が現在の町域で、比較的古いマンションやビルが多い。大通りに面している低い土地が町域の中心で、ビルの1階に飲食店が点在し、住宅地ともオフィス街ともつかない中間的な町並となっている。

かつては田町駅東口と新宿駅西口を結ぶ都営バスが通っていたが、今は廃止されている。

■ 町内の坂

芋洗坂
鳥居坂

■ 町内の寺社仏閣

なし

■ 町内の教育施設

なし

■ その他町内にあるもの(あったもの)

六本木ヒルズ ゲートタワー(フードマガジンとツタヤ)
宝タクシー営業所(今はない)


旧町名一覧に戻る
「麻布細見」トップページへジャンプ
2003年11月2日公開 2004年4月29日更新

(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.