ホーム>旧町名>今井寺町代地

今井寺町代地


■ 町域

江戸末期まで存在した今井寺町代地は、本体の今井寺町からは遠く離れた現在の麻布十番三丁目、住居表示前の麻布網代町に含まれる。雑式通り沿いは麻布坂下町、すぐ裏手のブロックがこの今井寺町代地で、網代通り沿いはすでに麻布網代町になるので、非常に狭い区画であったことが分かる。現在は目立つ外装のシーフードレストランになっている一角の一部か。

■ いわれと歴史

元禄12(1699)年に、元地の今井寺町で道路拡張があり、宝永元(1704)年に、武家上げ地を代地として受け、享保8(1723)年に麻布今井寺町代地となった。場所は麻布網代町に隣接していたが、麻布網代町の歴史を見ると分かるように、麻布網代町の成立よりも今井寺町代地の成立の方が古い。

明治2年にに今井寺町代地は麻布網代町に合併され、今井寺町代地は消滅した。

■ 現況

麻布網代町のページを参照してください。

■ 町内の坂

麻布網代町のページを参照してください。

■ 町内の寺社仏閣

麻布網代町のページを参照してください。

■ 町内の教育施設

麻布網代町のページを参照してください。

■ その他町内にあるもの(あったもの)

麻布網代町のページを参照してください。

■ 参照ページ

麻布網代町
麻布市兵衛町
麻布今井町
今井寺町


旧町名一覧に戻る
「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年5月23日公開

(c) 2003-2004. Kasumi Miyamura. All rights reserved.