ホーム>旧町名>飯倉六本木町

飯倉六本木町


■ 町域

現在の六本木六丁目の、芋洗坂饂飩坂が交差する四つ辻から、麻布警察署裏に抜ける裏道沿いの、六本木ヒルズに向かって左手、現在のピラミデ周辺に江戸期まで存在した町の名前。 住居表示前の旧町名は麻布六本木町になる。

■ いわれと歴史

飯倉六本木町はもとは飯倉村のうちであったが、寛文2(1662)年に町方支配となった。その当時まだ町に名前がなかったため、昔この辺りに松の大木が六本あったという言い伝えから、飯倉六本木町と呼んだ。

明治2年に飯倉六本木町に、北日ヶ窪町代地、麻布龍土坂口町、麻布教善寺門前正信寺門前麻布光専寺門前、深広寺門前を合併し、麻布六本木町となった。

■ 現況

麻布六本木町のページを参照してください。

■ 町内の坂

麻布六本木町のページを参照してください。

■ 町内の寺社仏閣

麻布六本木町のページを参照してください。

■ 町内の教育施設

麻布六本木町のページを参照してください。

■ その他町内にあるもの(あったもの)

麻布六本木町のページを参照してください。

■ 参照ページ

麻布六本木町
麻布教善寺門前
麻布光専寺門前
正信寺門前


旧町名一覧に戻る
「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年4月24日公開 2005年4月24日更新

(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.