ホーム>旧町名>麻布飯倉片町

麻布飯倉片町


■ 町域

麻布飯倉片町は、現在の外苑東通り沿いの南側に位置する東西に細長い町で、北側はぴったりと外苑東通りに沿って境界線となっている。現在の六本木五丁目と麻布台三丁目の各一部が町域となる。飯倉町本体とは、片町の北側で六丁目と接するが、六丁目はもともとは武家地であったため、飛地のような位置づけである。

北端の外苑東通り沿いが一番土地が高く、南に行くに従って古川の谷に向かって低くなる。永坂鼬坂植木坂など坂も多い。北で仲ノ町市兵衛町二丁目、飯倉町六丁目と、東側で狸穴町、南で永坂町、西は東鳥居坂町と接する。

■ いわれ

麻布飯倉片町の「飯倉」という地名の起源については、飯倉町の項を参照されたい。現在の外苑東通りの南側斜面だけに開けた町屋のため、「片町」との名が着いたようだ。現在の住居表示では、大通りが町や丁目の境界になることがほとんどだが、旧町名は大通りが町の中心となることが多いので、飯倉片町のように、道路の片側だけに町屋が開けるケースが少なかったため、町名になったことも考えられる。

■ 歴史

延宝2年(1674)の地図には既に町屋が見えており、当時から片町と名乗っていたようだ。南側の斜面で陽当りが良かったためか、昔から植木屋が多い土地で、菊人形が作られたりしていた。そのため、永坂町との境の坂は植木坂と呼ばれた。

明治5年に長岡藩牧野氏、大田原藩大田原氏の邸地などを合わせ、飯倉片町が起立した。高台の南斜面という好適地だったため、家族などの邸宅ができたが、旧来の町屋である仲ノ町との境界付近(外苑東通り沿い)には商店も出来た。

太平洋戦争時には8割の地域が戦災を受けたが、その後も住宅地として復活した。

■ 現況

一の橋方面から飯倉片町交差点を抜け、谷町ジャンクションへと抜ける道路が東京オリンピック時に開通し、町域は高速道路によって東西に分断されてしまった。交差点よりも六本木寄りと飯倉寄りで雰囲気が異なり、六本木寄りは飲食店が多く、マンションも高層のものが多い。一方飯倉側は、オフィスが多めで、斜面に沿っては低層マンションや住宅が多い。六本木交差点周辺から較べると喧騒も少なめで、落ち着いた佇まいを見せている。

飯倉側奥にはスペイン村こと「和朗フラット」も一棟取り壊されてしまったものの、今も健在である。

■ 町内の坂

鼬坂
植木坂
永坂

■ 町内の神社仏閣

なし

■ 町内の教育施設

なし

■ その他町内にあるもの(あったもの)

島崎藤村旧居跡
和朗フラット

■ 写真で見る麻布飯倉片町(写真をクリックすると拡大表示されます)

1. 飯倉片町をぐるっと回りましょう。まずは外苑東通りの南側にある駐車場です。以前ここは「鳥居坂ガーデン」があった場所です。

撮影:2008年1月3日

2. 左の写真と同じ場所から六本木方面を見ています。左側だけが飯倉片町で、右側は仲ノ町になります。

撮影:2008年1月3日

3. 飯倉片町交差点に向かって歩くと複合ビルAXISがあります。私にとってはこのビルはバブルのイメージです。昔Scotch Houseがありましたね。

撮影:2008年1月3日

4. 外苑東通りから南に入ると永坂の標識があります。永坂は大通りの道路拡張で道が変更になりましたが、この一番坂上の部分だけは昔のままです。

撮影:2008年1月3日

5. 飯倉片町交差点です。住居表示には残っていない旧町名ですが、交差点名や高速の入口で残るケースが多いですね。ここも交差点名は今でも「飯倉片町」です。

撮影:2008年1月3日

6. 飯倉片町交差点から飯倉方面を見ています。大通りが出来る前と後で、かなり土地の形が変わったようで、複雑な地形になっています。

撮影:2008年1月3日

7. 外苑東通りから東京タワーを臨みます。この一帯はそれほど高いビルがないため、ちょっと空が広いように思えます。ロシア大使館があるせいかもしれません。

撮影:2008年1月3日

8. 和朗フラットへ向かう路地を入ったところには飯倉片町名物のイタリア料理店「キャンティ」があります。私は入ったことはありません。

撮影:2008年1月3日

9. スペイン村こと和朗フラットです。一部取り壊されてしまいましたが、残りはこのように健在で、今も現役のアパートとして賃貸されています。

撮影:2008年1月3日

10. 引き続き和朗フラットです。落ち着いた外観ですが建物はかなり年季が入っているので、住むのは大変なのかもしれません。若いうちにちょっと住むには良いかも?

撮影:2008年1月3日

11. 住んでいる人や管理している人の愛着が感じられる雰囲気です。細かな部分で丁寧に維持・管理されていることが分かり、微笑ましいです。

撮影:2008年1月3日

12. 今でも人気があるようで、住みたいという人が訪れるようです。申し込み方法などが書かれた管理人さんからのちらしが置かれていました。

撮影:2008年1月3日

13. 和朗フラットの通りからもう一本飯倉側にある急坂、鼬坂です。この坂には港区の標識がありませんが、江戸末期の地図に「鼬坂」の表記があったので、本サイトではこの坂を鼬坂としています。

撮影:2008年1月3日

14. 左の写真に続いて鼬坂です。南斜面ですので日当りが良く歩いていて気持ちが良いです。外苑東通りから一歩入ると閑静な住宅街になります。

撮影:2008年1月3日

15. 鼬坂はかなりの急勾配です。坂を下ってきてふと振り向くとこんな風景が。雪が降ったりしたら、上るのが困難になりそうです。車はほとんど通りません。

撮影:2008年1月3日

16. 鼬坂を下り切った辺りです。すり鉢状に低くなった土地に住宅が並んでいます。この先はもう一段低くなり、古川へと向かっていきます。

撮影:2008年1月3日

17. ひっそりとたたずむ島崎藤村居地跡の碑です。藤村は47歳から65歳まで、この場所に住み、名作「夜明け前」はこの地で執筆された旨記載されています。

撮影:2008年1月3日

18. 坂の下から見ると、ビルが高層化したこともあり、高台の土地が盛り上がっているような錯覚に陥ることがあります。こちらに倒れてきそうな感じです。

撮影:2008年1月3日


旧町名一覧に戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2003年12月21日公開 2008年1月27日更新


(c) 2003-2008. Kasumi Miyamura. All rights reserved.