ホーム>旧町名>麻布広尾町

麻布広尾町(あざぶひろおちょう)


■ 町域

麻布広尾町は麻布区南西部の町。「広尾」といえば現代では渋谷区だが、住居表示実施までは広尾は港区と渋谷区両区にまたがる地名であり、広尾神社は港区側にある。町の西側に笄川が流れる低地があり(現在は暗渠)、北東には大隅山の尾根に連なる高台があり一番高い。広尾橋の交差点以北は外苑西通りよりも西側に町域がはみ出しているが、広尾橋交差点より南に行くと、通りの東側まで渋谷区が入り込んでいる。これは今は暗渠となっている笄川が広尾橋以北は通りの西側を、広尾橋以南は通りの東側を流れていたためで、笄川を区の境界としていた名残である。現在の港区と渋谷区の境界は外苑西通りで設定されているが、それでも広尾橋交差点以北は通りの西側が境界線で、交差点以南は通りの東側が境界になっている。

現在の南麻布五丁目のほぼ全域と南麻布四丁目の一部、渋谷区広尾五丁目のごく一部で構成される。町の北側で笄町と、東で三軒家町盛岡町と、南で富士見町、西側は渋谷区と接する。

町の北端には鉄砲坂、北条坂が、東端には木下坂が、木下坂と同じ交差点から東に上る南部坂がある。

■ いわれ

この地は麻布と渋谷の境にあり、古来帰属が一定していなかった。地名の起源には複数の説があり、広岡や平尾、それに広野などの説があるが、定かなものはない。もともとは樋蘢(ひろう)と書き、渋谷あたりまでの広域の名称であった。

■ 歴史

この一帯は広尾原と呼ばれ、江戸初期までは荒野だった。延宝年間(1673〜1681)頃になると、現在の有栖川宮記念公園の入り口あたりに百姓長屋ができており、それ以外は武家地と畑地になった。正徳3(1713)年に町方支配になった際に麻布広尾町と正式に称した。祥念寺前、鉄砲屋敷などの里俗称もあったという。

明治5年に武家地を合併し、明治12年には新笄町を広尾町に合併する。新笄町は明治5年に武家地を集めて起立した町で、大小区制時代に笄町とは別の区に所属したため、独立したが、わずか7年で広尾町に合併され姿を消した。明治22年には広尾町の一部が豊島郡渋谷村に合併され、さらに同24年には下渋谷村字笄開谷の笄川以東部分及び渋谷広尾町の一部を麻布広尾町に合併し、町域が完成する。

明治以降も原っぱが広がる地域が多かったようだが、大正期以降には高台を中心に邸宅ができ、低地には商店や町工場もできるようになった。

■ 現況

現在も高台を中心に高級住宅地が広がっているが、大邸宅は切り売りされ、複数の低層マンションへと変貌を遂げつつある。笄川暗渠に近い低地には商店が多いが、町工場はほぼ姿を消し、高級住宅地のイメージが低地にも浸透しつつあるせいか、飲食店やバーなどが増えている。笄川西側の日赤産院跡には広尾ガーデンヒルズが出現し、川沿いの病院裏の谷というイメージは一気に消滅し、オープンカフェが出来たりして、おしゃれな雰囲気になっている。一方広尾神社前の通りに入ると町並はぐっと落ち着き、棟割長屋も残っている。

■ 町内の坂

木下坂
北条坂(鉄砲坂)
南部坂

■ 町内の神社仏閣

広尾神社
阿弥陀寺
瑞華院

■ 町内の教育施設

順心女子学園
南部坂幼稚園


■ その他町内にあるもの(あったもの)

笄川(今は暗渠)
スイス大使館
ドイツ大使館
ノルウェー大使館
米荘閣(なくなった)
広尾橋(今はない)
麻布ナショナルスーパー
南部坂教会
末日聖徒教会

■ 参照ページ

渋谷広尾町
麻布新笄町


旧町名一覧に戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年1月17日公開 2006年11月26日更新


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.