ホーム>旧町名>麻布我善坊町

麻布我善坊町


■ 町域

飯倉片町交差点の尾根と芝西久保城山町の間にある窪地の、東西に長い町。窪地を我善坊谷と呼ぶ。西から東に向かって町の中心を落合坂が走り、東に行くほど低地となる。北は市兵衛町一丁目、二丁目、芝神谷町と、東で芝西久保八幡町、飯倉町二丁目と、南は飯倉町六丁目と、西は仲ノ町、市兵衛町二丁目と接する。

■ いわれ

我善坊谷があるから我善坊町と名付けられたが、我善坊谷の由来については複数の説があるようだ。座禅をする坊がいたことからついたという「座禅坊」説や、徳川二代将軍秀忠の夫人達子(法名「崇源院」)の葬儀の際、野辺の送りが六本木町周辺で行われ、当地に龕前堂(がんぜんどう)が置かれたためと言う説もある。「麻布区史」では後者の説を否定しているが、「港区史」では「麻布区史」をまた否定していて、なかなか定説というものはないようだ。

■ 歴史

江戸期は組屋敷地だったようで、明治5年に谷の名を取って我善坊町として起立した。窪地のため、中小住宅地となった。太平洋戦争時には落合坂の両側の住宅は建物疎開となったが、戦災を受けた。戦後も再び中小住宅地となった。

■ 現況

飯倉片町交差点を中心として、谷町へ抜ける大通り沿いには中層ビルが並んでいるが、落合坂から我善坊谷に入ると、古い街並みが並び、路地も生きていて、ちょっとした「昔町」の様相を呈している。大通りから芝に向かって右側は外苑東通りの尾根があり、左側には市兵衛町の尾根に沿って泉ガーデン再開発の高層ビルが聳えている。新しい家屋は少なく、古い住宅には不動産会社に買い取られた空き家も目立つようになってきている。細い路地を彷徨うと、時代を何十年か遡ったような錯覚に陥る。

■ 町内の坂

稲荷坂
落合坂
三年坂
行合坂

■ 町内の神社仏閣

なし

■ その他町内にあるもの(あったもの)

古い町並み
横川省三記念公園


旧町名一覧に戻る
「麻布細見」トップページへジャンプ
2003年11月30日公開 2006年4月23日更新

(c) Kasumi Miyamura. All rights reserved.