ホーム>旧町名>麻布富士見町

麻布富士見町


■ 町域

麻布区の西南端に位置する町。町の南を東西に古川が流れ、町の西を南北に笄川が流れる(笄川は現在は暗渠)ため、町の西側と南側は低地で、北東部は本村の台地で高く、斜面が急なため坂が多い。青木坂新富士見坂新坂などが町内にある。町の南西端、天現寺橋交差点付近で笄川は古川に合流している。全域が暗渠となってしまった笄川だが、合流部分が口を開けている様子が地上から見える。

全域が現在の南麻布四丁目に含まれる。補足だが住居表示前の麻布区と渋谷区の境界は笄川の流れに沿っており、笄川が外苑西通りよりも東側に蛇行している箇所があったため、外苑西通りよりも東側に渋谷区が食い込んでいる箇所があった。住居表示の際にこの部分は港区南麻布に吸収されたようだ。

町の北側で広尾町盛岡町と、東で本村町と、南で新広尾町と、西は渋谷区と接する。

■ いわれ

町域には町屋はなく、明治になって富士見町の名がつけられた。江戸時代初期に当地にあった将軍家別荘「白銀御殿」の別名が「富士見御殿」だったため、それに因んで富士見町とした。西に面した急斜面の上から富士山が良く見えたためである。

■ 歴史

延宝年間(1673〜1681)には幕府の麻布薬園、武家地、麻布村の畑地などがいりまじっていたが、元禄11(1698)年から、町域の西側大部分を敷地として、将軍家の別荘「白銀御殿」が作られた(別名「麻布御殿」、「富士見御殿」)。それ以外の土地は、光林寺や畑だった。光林寺には門前町屋があり、光林寺門前と名乗った。

その後宝永5(1708)年には御殿は廃されており、敷地の一部は花畑になり、その他は大名屋敷、寺社地、武家地となった。

明治5年に白銀御殿跡値に光林寺門前、天現寺の寺社地や武家地、さらに麻布本村の一部を集め富士見町が起立した。その後明治12年に本村町の一部を富士見町に合併した。明治以降の町域は高台は概ね邸宅地で、南部の低地には旧来の寺院の他、町工場などができた。

■ 現況

現在も北部の高台は高級住宅地となっている。低層マンション化は他の町と同様進行しているが、比較的ペースが緩やかで、まだ一戸建ての立派な家を見ることができる。区画がゆったりしているため樹木も多く、青木坂は木陰になり昼でもあまり陽が差すことがない。フランス大使館、光林寺、天現寺などの寺社、自治大学校などの施設が多いことも、樹木の多い町に貢献しているように思う。

■ 町内の坂

青木坂
新坂
新富士見坂

■ 町内の神社仏閣

光林寺
天現寺

■ 町内の教育施設

自治大学校

■ その他町内にあるもの(あったもの)

笄川(今は暗渠)
フランス大使館
ホテルニューサンノー

■ 参照ページ

光林寺門前
今井寺町


旧町名一覧に戻る

「麻布細見」トップページへジャンプ
2004年1月17日公開 2005年1月23日更新


(c) 2003-2006. Kasumi Miyamura. All rights reserved.